【きなりの効果】中性脂肪を下げるDHA・EPAの口コミ

【きなりの効果】中性脂肪を下げるDHA・EPAを含むきなりの口コミ

▼「健康が不安」という方はこちらをどうぞ▼
DHAサプリメント「きなり」公式サイト

きなリの良い評判・口コミ

数値が気になる年代になりました!! オススメ度 ★★★★★
1年前くらいからそろそろ健康診断の結果が心配になってきて、それから健康食品を飲み始めました。いろいろ試してみたけれどもどれもパッとするものがなく・・・。
そんなときに、今から3ヶ月前ぐらいに、きなりのモニターの広告を見て応募しました。
そして、先日の健康診断で、特に気になっていた3つの項目も全部大丈夫だったんです!!これからも健康維持のために飲み続けていこうと思います。 T・K様 40代 (引用

頭を悩ますことが多くって!! オススメ度 ★★★★★
雑誌に良い成分でDHAが紹介されてるのを見て、きなりと出会いました。
飲み始めて毎日スッキリする気がします。
もう頭を悩ますこともなくなったのでこれからも飲み続けます。T・Y様 50代(引用

このように、きなりは健康について気にし始めた方の多くが試している商品です。

特にコレステロールや中性脂肪が気になっている方が試すパターンとして多いです。

DHAサプリメント「きなり」飲み始めてから、健康診断の項目をクリアしたり、毎日すっきりした気分で一日を迎えられるという声が多く、好評な口コミは多いです。

きなりの口コミは「効果あり」が多い

基本的に、きなりの口コミは「効果あり」や「中性脂肪やコレステロールが減った」という声が多いです。

良い口コミや評判が多いということは、それだけ、きなりの効果はどの人にも表れやすいということです。

しかし、用法容量を守らなかったりなど正しく飲まないと効果は表れないので、用法容量を守って正しく飲みましょう。

きなりの悪い評判・口コミ

5か月風擁していますが、効果が見られません。商品も高価で、期待しすぎた感がありました。(引用

まだ効果の程は分かりかねるので星2つとさせていただきます。粒が少し大きいかなぁと思う。
身体は怠いとかそんなことはないのでしばらく続けて見ます。(引用

きなりの「効果ない」という口コミには必ず原因がある

きなりは良い口コミが多いですが、どうしても、「効果がない」「飲んでも何も変わらなかった」という口コミが一定数出てきてしまいます。

確かに体質できなりの効果が合わないというのはありますが、こういった方の大半に、きなりに頼りっぱなしという原因があります。

DHAサプリメント「きなり」を飲んでいるからといって食生活が以前と変わらず肉中心だったり、運動をしていないと、変わらないどころかむしろコレステロールや中性脂肪の値が増えてしまう可能性があります。

きなりの悪い口コミをする方の大半が、きなりに頼って自身の生活をおろそかにしてるパターンが多いので、

きなりを飲むことを機に、食生活の改善や少しの運動を始めるようにしましょう。

ブログできなりの効果を参考にしないほうがいい

きなりの効果の口コミを見ようと、ブログを参考にしている方がいるかと思いますが、あまりオススメしません。

ブログはあくまで個人の感想なので、ブログ投稿者とあなたが摂取する時の状態とは異なります。

なので参考にしてもあまり意味はなく、むしろ余計な先入観がはいってしまいます。

きなりは含まれてる成分の効果や口コミの実績から商品力はかなり高いです。

なので、きなりのブログの口コミはあまり参考にせず、鵜呑みしないようにしましょう。

2ch(2ちゃん)できなりの効果を参考にしないほうがいい

2ch(2ちゃん)は、匿名で気軽にスレを立てられるという性質上、きなりについて真剣にレビューしてる書き込みはほとんどありません。

そのため、参考にならないレビューが多いので、きなりの口コミをみる方法としては適切ではありません。

▼きなりの口コミの良さが知りたい方はこちらをどうぞ▼
DHAサプリメント「きなり」公式サイト

【きなりの効果】きなりに含まれる成分の効果

DHAサプリメント「きなり」には、DHA・EPAはもちろん、それ以外にも生活習慣病に対して有効な成分が数多く含まれている点が大きな強みです。

きなりに含まれるDHA・EPAの効果

きなりに含まれるDHA・EPAの効果の違い

EPAは60年代にその働きが発見されて以来、血液の性状を健康に保ち、特に血栓ができにくくしたり、高脂血症を予防する結果、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防するという働きがあるということが世界中の医学者によって研究され続けてきました。

DHAは80年代の後半に脳や網膜などの神経系に豊富に含まれている栄養素であることが話題となり、DHAを食べると「頭の働きがよくなるのでは?」といった分かりやすいフレーズで一躍有名になりました。(EPAとDHAの違いは? | サラサラ生活向上委員会 | ニッスイ

このように、DHAは主に脳に対して、EPAは血液に対して効果があります。

しかし、通常、DHAもEPAも単体で存在することはほぼなく、セットとして扱われることが多いので、DHA・EPAは脳にも血液にも効果があります。

DHAは、血管や赤血球の細胞膜をやわらかくする働きにより、血流を促します。一方のEPAは、高い血小板凝集抑制作用により血栓をつくらせないことで血流をよくします。そのため、血栓を防いで血液を潤滑にする効果は、EPAの方がより高いといわれています。(EPA・DHAの違いと効果、サプリを利用する際の注意点 | ヘルスケア大学

このように、血液に対する効果ではDHAは細胞膜を柔らかくすることにより血流を改善し、EPAは血の塊である血栓を作らせないことで血流を改善します。

DHAとEPAの効果の違いは、血流改善のアプローチの仕方にも見られます。

きなりのDHA・EPAには中性脂肪を下げる効果がある

n‒3系脂肪酸は、血中中性脂肪値の低下、不整脈の発生防止、血管内皮細胞の機能改善、血栓生成防止作用等いろいろな生理作用を介して生活習慣病の予防効果を示す。(3 脂質 – 厚生労働省

DHA・EPAには厚生労働省が明記してある通り、血中の中性脂肪を分解する効果があります。

血中の中性脂肪が減ることで、血の流れを妨げるものがなくなるので、血流の改善が見込めます。

つまり、きなりのDHA・EPAを摂取することにより中性脂肪がなくなり血行が良くなります。

DHA・EPAの中性脂肪が下がることによる効果①:コレステロールが下がる

血液中の中性脂肪が増えると、HDL(善玉)が減少し、LDL(悪玉)が増加します。内臓脂肪が増加すると中性脂肪も増加するのですが、そうするとHDL(善玉)とアディポネクチンの減少を招きます。アディポネクチンとは、内臓脂肪細胞で作られる超善玉物質と呼ばれるもので、中性脂肪を減少させる物質です。よって、これが減少すると中性脂肪は増加しやすくなります。(【医師監修】中性脂肪とコレステロールの関係 | ヘルスケア大学

このように、中性脂肪とコレステロールには相関関係があります。

つまり、中性脂肪が減ることで悪玉(LDL)コレステロールを減らすことができます。

DHA・EPAは上記で解説した通り、中性脂肪を分解する効果があるので、悪玉(LDL)コレステロールを減らす効果が見込めます。

DHA・EPAの中性脂肪が下がることによる効果②:高血圧が下がる

肥満者はそうでない人に比べて、高血圧が2~3倍多いことがわかっています。肥満は高血圧だけでなく、糖尿病やこれに近い状態の「耐糖能障害」、「脂質代謝障害」(総コレステロールや中性脂肪が高値、善玉コレステロールは低値)の“下地”になりやすく、心臓への負担もかけやすいので、心臓血管系合併症の危険因子がまさに集積した状態となるのです。(高血圧とのおつきあい | 高血圧・腎臓病 | 循環器病あれこれ | 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス

このように、高血圧の原因は血中の中性脂肪やコレステロールの増加です。

血中のコレステロールや中性脂肪が増えてしまうと、血管内の壁に付着し、血液の通り道が狭くなります。

血液の通り道が狭くなってしまうと、血液の圧力が強くなり、血管に負担をかけてしまい動脈硬化などの生活習慣病につながってしまいます。

DHA・EPAは中性脂肪を分解してコレステロールを減らす効果があります。

つまり、DHA・EPAを豊富に含むきなりを摂取することで高血圧を下げる効果が期待できます。

DHA・EPAの中性脂肪が下がることによる効果③:血液がサラサラになる

血液がサラサラになるということは、中性脂肪やコレステロールの血中濃度が低いということです。

というのも、中性脂肪やコレステロールは血管内の壁に付着する性質があり、そのせいで血液の流れが遮られてしまいます。

きなりに含まれるDHA・EPAによって、それらが排除されることで血液の流れがよくなり、血液がサラサラになります。

きなりに含まれるDHA・EPAの効果の根拠

DHA・EPAの効果に関する論文が数多く存在する

このように、DHA・EPAに関する論文の数は年数を重ねることに増えており、世界中でその効果が期待されているのがわかります。

また、ほかの成分と比べても論文の文献数が多いのも、DHA・EPAがほかの成分と比べてかなり注目されていることがわかります。

厚生労働省のHPを見ると、DHA・EPAは中性脂肪を下げる効果があると明記されている

n‒3系脂肪酸は、血中中性脂肪値の低下、不整脈の発生防止、血管内皮細胞の機能改善、血栓生成防止作用等いろいろな生理作用を介して生活習慣病の予防効果を示す。(3 脂質 – 厚生労働省

このように、厚生労働省が、n-3系脂肪酸であるDHA・EPAには中性脂肪の値を低下する効果があると認めています。

厚生労働省は国民の健康を管理する公的機関なので、DHA・EPAの効果への信頼性は高いです。

きなりに含まれるDHA・EPAの効果の口コミ

2ch(2ちゃん)でDHA・EPAの効果を参考にしないほうがいい

2ch(2ちゃん)はエンターテイメント性の高い掲示板なので、真剣にきなりの効果に関するレビューをしている人が少ないです。

なので、参考にならないレビューが多いので2ch(2ちゃん)は口コミを見る場としてはおすすめできません。

DHA・EPAの効果が嘘であるという人の口コミ

DHAに劇的な効果はない。無いよりマシなものだがそこそこ重要と言われてる程度。(引用

生労働省のはいろいろな健康指標を発表していて、DHAが中性脂肪が高い人にはよいといっています。私もオメガ3脂肪酸をとろうと考えていますが、魚では相当な量を食べなければならないので補助としてサプリを飲もうと思っていますが効かないとの話もあります。(引用

このように、DHA・EPAに対する効果が嘘なのではないか、という口コミもたまに見かけます。

しかし、上記でも説明した通り、DHA・EPAは世界中で文献が増えていることや、厚生労働省が中性脂肪への効果を認めていることから、

DHA・EPAの効果は嘘だという口コミは事実無根であるといえます。

確かに体質によってはDHA・EPAの効果を感じにくい場合はありますが、

きなりのDHA・EPAに頼るだけでなく、自身の食生活の改善や軽い運動を始めることで、DHA・EPAの効果と相まって生活習慣病を防ぐことができます。

関連商品:DHAサプリメント「きなり」

【きなりに含まれるDHA・EPAの効果】妊婦・胎児・子供

DHA・EPAの妊娠中の妊婦と胎児への効果

DHA・EPAは赤ちゃんの血液の流れを良くしたり、脳の成長につながる効果があります。

つまり、DHA・EPAはおなかの中の赤ちゃんの成長に欠かせない成分であるといえます。

妊娠中のママがDHA・EPAを摂取することで、へその緒をくだっておなかの中の赤ちゃんへとDHA・EPAが運ばれます。

このようにして、おなかの中の赤ちゃんはDHA・EPAの効果を受け取ることができます。

関連商品:DHAサプリメント「きなり」

DHA・EPAの母乳への効果

ママがDHA・EPAを摂取することで、母乳にDHA・EPAが行き渡るようになります。

DHA・EPAが行き渡った母乳を飲んだ赤ちゃんは、体内にDHA・EPAが行き渡るので、血液の流れを促進したり、記憶する力認識する力など、脳の成長につながります。

DHA・EPAの子供・赤ちゃんへの効果

DHA・EPAを豊富に含むきなりは子供に飲ませても大丈夫であると公式サイトで名言されています。

上記でも説明した通り、DHA・EPAは血流の改善と、何よりも、脳の成長への効果に期待できるので、子供の成長に期待を持てます。

実際、きなりの公式サイトを参考にすると、子どもの成長につながったという声もあるようです。

▼きなりのDHA・EPAの魅力を感じましたら、こちらをどうぞ▼
DHAサプリメント「きなり」公式サイト

きなりに含まれるDPA(ドコサペンタエン酸)の効果

DPAとDHA・EPAの効果の違い

DHA・EPAと、効果に関する違いは基本的にはほとんどありません。

しかし、DPAの血液への効果はEPAの10倍も違うと言われています。

なので、DHA・EPAもDPAも効果に大きなの違いはないが、効果の強さが異なります。

DHAサプリメント「きなり」にはDPAが含まれています。

DPAは血管の傷を修復する効果がある

ドコサペンタエン酸が持っている効果・効能としては、血液をサラサラにしてきれいにする効果、そして血管の傷を修復する作用があるとされています。(ドコサペンタエン酸の効果や多く含む食品って?ドコサペンタエン酸摂取にオススメのサプリ – まるわかりミドリムシ【ユーグレナラボ】

このように、DPAには血管の中にできた傷を修復する作用があります。

血管にできた傷を治すと、血管の柔軟性が保たれるので、血流の流れが良くなり、動脈硬化を防ぐことが期待できます。

DPAの血液への効果について

DPAは中性脂肪を分解する効果がある

ドコサペンタエン酸が持っている効果・効能としては、血液をサラサラにしてきれいにする効果、そして血管の傷を修復する作用があるとされています。

このように、DPAには血液をサラサラにする効果が期待できる背景には、中性脂肪分解する効果があります。

DPAは中性脂肪を分解する効果を持つDHA・EPAと似た働きがあることが判明しているので、そういった意味でもきなりに含まれるDPAは中性脂肪を分解する効果があるといえます。

DPAはEPAの10倍もの動脈硬化予防効果がある

また、ドコサペンタエン酸の血液サラサラ効果は、EPAよりも高いといわれています。

その他にも、コレステロール値を正常にする働きもあります。
コレステロール値が上昇すると血管内に付着した状態になるため、動脈硬化になる可能性を高めますが、ドコサペンタエン酸はこの吸着を防ぐことができるのです。(ドコサペンタエン酸の効果や多く含む食品って?ドコサペンタエン酸摂取にオススメのサプリ – まるわかりミドリムシ【ユーグレナラボ】

このように、DPAはEPAの 10倍もの血液サラサラ効果があることから、動脈硬化を予防する効果も高いです。

DPAは上記の引用の通り、コレステロールの付着を防ぐだけでなく、中性脂肪分解の効果も期待できるため、動脈硬化を防げると言えます。

【きなりに含まれるナットウキナーゼ】効果のメカニズムについて

きなりのナットウキナーゼの血液への効果

ナットウキナーゼ(血小板) 血栓を溶かす(血液サラサラ)

ナットウキナーゼには、血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけ分解(溶解)する作用身体の中の血栓溶解酵素であるウロキナーゼの前駆体プロウロキナーゼを活性化する作用、さらに血栓溶解酵素プラスミンを作り出す組織プラスミノーゲンアクチベーター(t-PA)量を増大させる作用があります。
さらに、最近の研究で、ナットウキナーゼには血栓を溶けにくくする血栓溶解阻害物質PAI-1を分解する作用、オイグロブリン溶解時間の短縮作用があり、血栓溶解活性の増強作用があることがわかってきました。(ナットウキナーゼ | 日本ナットウキナーゼ協会

このように、ナットウキナーゼはあらゆるアプローチで、血栓を防ぐ効果があります。

血栓とは、血管内に傷ができたときに、傷を塞ぐために、血を凝縮させて固めてできた血の塊です。

傷口をふさぐという良い効果もありますが、血液の通り道を狭くしてしまうというデメリットもあります。

血液の通り道を狭くしてしまうと高血圧の原因になってしまうので、きなりに含まれるナットウキナーゼの血栓防止効果は生活習慣病の予防へとつながります。

ナットウキナーゼは中性脂肪を下げる効果がある

ナットウキナーゼは、多方面に働きかけることで血液サラサラ効果を発揮しています。血液がサラサラになることで血圧を下げたり、血流の改善につながっています。

そして中性脂肪やコレステロールなどの脂質が血中で滞らないように予防しているのです。

納豆はナットウキナーゼを含み中性脂肪を下げる・血液サラサラ食品!1日何パックで効果あり? | 中性脂肪を下げるABC

これを見ると分かる通り、ナットウキナーゼは、血中に中性脂肪がたまらないように働きかけます。

つまり、ナットウキナーゼには中性脂肪を減らす効果があるといえます。

きなりに含まれるナットウキナーゼは決戦を防ぐだけでなく、中性脂肪を減らすことでも血流を改善します。

ナットウキナーゼは悪玉(LDL)コレステロールを下げる効果がある

上記の引用画像を見ると、ナットウキナーゼは血中にコレステロールを食べない働きがあることが分かります。

きなりに含まれるナットウキナーゼを摂取することで、体の中にコレステロールをためないので、生活習慣病の予防へとつながります。

ナットウキナーゼは高血圧を下げる効果がある

In conclusion, nattokinase supplementation resulted in a reduction in SBP and DBP. These findings suggest that increased intake of nattokinase may play an important role in preventing and treating hypertension.(Effects of nattokinase on blood pressure: a randomized, controlled trial. – PubMed – NCBI)

2008年に行われた実験結果では、ナットウキナーゼが高血圧を下げる効果があることが証明されました。

この実験では、収縮期血圧(SBP)と拡張期血圧(DBP)がどちらも下がったという結果になりました。

血圧とは|解剖・病態編(テキスト解説)|循環器疾患講座|Adalat.jp

心臓から大動脈へ血液を送り出している状態では、血液を押し出すために心臓は収縮し、押し出された血液によって大動脈の血管壁には圧力がかかっています。これを収縮期血圧(systolic blood pressure: SBP)といいます。大動脈に弾力性がないと、圧力を逃がすことなくそのまま受けることになり、血圧が上がります。

心臓へ血液が戻ってきている状態では、心臓は血液で拡張し、大動脈の血液量が減ることから血管壁にかかる圧力は低下します。これを拡張期血圧(diastolic blood pressure: DBP)といいます。(血圧とは|解剖・病態編(テキスト解説)|循環器疾患講座|Adalat.jp

このように、SBPとDBPの両方の血圧がナットウキナーゼによって下がったので、きなりに含まれるナットウキナーゼは血圧を下げる効果があるといえます。

ナットウキナーゼを動脈硬化予防する効果がある

動脈硬化の原因は血中に中性脂肪やコレステロールが増えることによって、血液の流れが滞り、血管に負担をかけてしまうことで引き起こされます。

血管に負担がかかると、それに対応しようと血管が太くなるため血管の柔軟性が失われてしまうからです。

動脈硬化が続いてしまうと、心筋梗塞や心不全など重大な病気につながりかねません。

ナットウキナーゼには動脈硬化の原因である高血圧を下げることができます。

なので、きなりに含まれるナットウキナーゼは動脈硬化を予防する効果があるといえます。

きなりのナットウキナーゼは肝臓機能を改善する効果がある

肝臓機能が衰えてしまう原因の1つに、中性脂肪を摂取しすぎることによる脂肪肝が挙げられます。

脂肪肝が増えてしまうことで、肝臓に血液が流れにくくなってしまい、肝臓機能不全に陥ってしまいます。

脂肪肝の原因は、中性脂肪が肝臓に溜まりすぎることです。

なので、中性脂肪分解する効果のあるナットウキナーゼは脂肪肝を減らすので、肝臓の機能を間接的に改善させる効果があると言えます。

きなりのナットウキナーゼの心臓への効果

ナットウキナーゼは心筋梗塞を予防する効果がある

心筋梗塞は心臓の頸動脈がふさがってしまうことで、心臓の筋肉に血液が送れなくなってしまい、心臓の動きが止まってしまう病気のことです。

心臓の頸動脈がふさがってしまう大きな原因は高血圧です。

心臓の頸動脈内に中性脂肪やコレステロールや血栓など、血液の流れを遮るものが溜まってしまうと、心臓に栄養が行き渡らず活動を停止してしまいます。

そのため、中性脂肪やコレステロールや血栓などを減らすことが心筋梗塞の効果的な予防策です。

ナットウキナーゼはこれらを減らす効果があるので、ナットウキナーゼを含むきなりは心筋梗塞を予防する効果があると言えます。

ナットウキナーゼは狭心症を予防する効果がある

狭心症は、冠動脈が完全にふさがる前の状態です。冠動脈の中は狭くなっていますが、血流が完全に途絶えていないために、心筋の障害は血流が回復すれば元に戻ります。(心筋梗塞・狭心症の症状とは?治療や原因について心臓血管外科医が解説|渡邊剛 公式サイト)

狭心症と心筋梗塞は同じ症状ですが、症状の進み具合に違いがあります。

簡単に言ってしまえば、狭心症は心筋梗塞の一歩手前の状態です。

狭心症の原因も高血圧によるものなので、高血圧を改善するナットウキナーゼは狭心症の予防へとつながります。

きなりのナットウキナーゼは糖尿病を予防する効果がある

納豆には「ナットウキナーゼ」という成分が含まれています。このナットウキナーゼは、納豆のネバネバ部分に含まれる成分で、大豆の1.5倍もの水溶性食物繊維を含んでいます。
水溶性食物繊維とは水に溶けやすい食物繊維のことで、ナットウキナーゼには糖の吸収をおだやかにし、食後の血糖値が急に上昇するのを防ぐ働きがあると考えられています。(糖尿病と納豆|糖尿病治療専門 横幕鍼灸院

ナットウキナーゼには食物繊維が豊富に含まれており、この食物繊維が糖尿病を防ぐ効果があります。


「食物繊維で糖尿病対策!」 | サントリー健康情報レポート

このように、食物繊維が多ければ多いほど糖尿病のリスクが低くなっているという実験データがあります。

このことから、水溶性食物繊維を多く含むナットウキナーゼには糖尿病を改善する効果があるといえます。

きなりのナットウキナーゼは痩せる効果がある

ナットウキナーゼは内臓脂肪を減らす効果がある

上記で説明した通り、ナットウキナーゼには中性脂肪分解する効果があります。

内臓脂肪の多くの原因は中性脂肪です。

つまり、きなりに含まれるナットウキナーゼを摂取することにより、中性脂肪が減り、内臓脂肪を減らすことができます。

ナットウキナーゼの効果が続く時間

ナットウキナーゼ | 日本ナットウキナーゼ協会

ナットウキナーゼの効果が続く時間は10-14時間ほどです。

上記の画像を見ると、深夜から朝にかけてできやすい血栓を防ぐために、夕食後や寝る前にナットウキナーゼを摂取すると効果的ですと書いてあります。

つまり、ナットウキナーゼは夕食後に摂取して朝方まで効果があることがわかります。

表を見ると最長で18時にナットウキナーゼを摂取して心筋梗塞が起こりやすい10時まで効果があると考え、最短で10時間最長で14時間効果が続くと言えます。

ナットウキナーゼの効果を証明するエビデンス

ナットウキナーゼに関する論文の数が増えている

CiNii Articles 検索 –  ナットウキナーゼ

このように、ナットウキナーゼの論文の数は50超えるほど多く存在しています。

つまり、論文の数が多いということは、それだけ世間のナットウキナーゼの効果への期待や信頼度の高さを表しています。

ナットウキナーゼには論文の数が多いので、その効果も信頼性が高いといえます。

▼きなりに魅力を感じた方はこちらをどうぞ▼
DHAサプリメント「きなり」公式サイト

きなりに含まれるクリルオイル(アスタキサンチン)の効果について

きなりのクリルオイル(アスタキサンチン)は南極オキアミの魚油から抽出される

きなりに含まれるクリルオイル(アスタキサンチン)は、南極に住むオキアミというエビの仲間の魚油から摂取されます。

南極に住んでいるので、水質環境は他の海よりも良く、海水温が低いのでオイル自体もサラサラなことが特徴です。

きなりのクリルオイル(アスタキサンチン)は水溶性だから吸収されやすい

この画像のように、クリルオイル(アスタキサンチン)は通常の油よりも水に溶け込みやすいです。

というのも、クリルオイル(アスタキサンチン)にはリン脂質という水に溶けやすい性質があるからです。

また、南極の海なので、水温が低い環境でもクリルオイルが固まりにくいことも、水に溶けやすい理由の1つです。

このように、クリルオイル(アスタキサンチン)は水に溶けやすいので、体への吸収性がいいです。

きなりのクリルオイル(アスタキサンチン)の血液への効果

クリルオイル(アスタキサンチン)は中性脂肪を下げる効果がある

クリルオイル(アスタキサンチン)は南極オキアミの魚油から摂取されるので、実はDHA・EPAも豊富に含まれています。

DHA・EPAは中性脂肪を分解する効果があります。

つまり、DHA・EPAを豊富に含むクリルオイル(アスタキサンチン)にも中性脂肪を分解する効果があると言えます。

クリルオイル(アスタキサンチン)は高血圧を下げる効果がある

高血圧のほとんどの原因が、血中の中性脂肪濃度が濃いことによる、血液の流れの悪さです。

つまり、高血圧を改善するためには血中の中性脂肪を減らす必要があります。

上記でも説明した通り、クリルオイル(アスタキサンチン)には中性脂肪を下げる効果があります。

つまり、クリルオイル(アスタキサンチン)を含むきなりを摂取することで、高血圧を改善することができます。

クリルオイル(アスタキサンチン)は血糖値をを下げる効果がある

医薬品製造の富士化学工業(富山県上市町)は31日、かみいち総合病院(同)や上市町と実施していた機能性食品原料「アスタキサンチン」の臨床研究で、糖尿病予防に効果がある可能性を確認できたと発表した。アスタキサンチンを3カ月間摂取した被験者の糖代謝が改善したという。同病院の浦風雅春副院長は「有用性が期待できる」としている。(アスタキサンチン「糖尿病予防に期待」 富士化学などが臨床研究  :日本経済新聞

このように、過去に行われた実験ではアスタキサンチンが血糖値を下げる効果があるという結果が出ました。

このことから、アスタキサンチンを豊富に含むクリルオイルは血糖値を下げる効果があるといえます。

クリルオイル(アスタキサンチン)は動脈硬化を予防する効果がある

動脈硬化の大きな原因は高血圧にあります。血液の圧力が強くなることで血管に負担がかかり、動脈が固くなってしまい、血管の柔軟性が失われてしまいます。

つまり、動脈硬化を防ぐには高血圧を改善することが必要不可欠です。

クリルオイル(アスタキサンチン)は中性脂肪を分解してコレステロールも減らす効果があるので、高血圧を改善することができます。

つまり、高血圧が原因である動脈硬化もきなりに含まれるクリルオイル(アスタキサンチン)で改善することができます。

クリルオイル(アスタキサンチン)は動悸を防ぐ効果がある

【高血圧の症状】頭痛・めまいなど高血圧によって引き起こされる主な症状をチェックしよう | オンラインクリニック高血圧

動悸が起こる要因はいくつかありますが、このように、高血圧によって引き起こされることもあります。

高血圧により血液の流れが悪くなると、血流が安定しないので不整脈という症状がでてきます。

つまり、不整脈の症状として動悸が現れるので、動悸の原因は高血圧にあるといえます。

クリルオイル(アスタキサンチン)には高血圧を改善する作用があるので、動悸を改善する効果が見込めます。

つまり、クリルオイル(アスタキサンチン)を含むきなりを摂取することで動悸を防ぐことができます。

クリルオイル(アスタキサンチン)は内臓脂肪を下げる効果がある

クリルオイル(アスタキサンチン)には中性脂肪を分解する効果があるので、内臓脂肪の量を減らす役割を担います。

内臓脂肪は体内に中性脂肪がたまることによって引き起こされるので、中性脂肪をためないことが内臓脂肪を下げるために必要です。

つまり、クリルオイル(アスタキサンチン)の摂取により中性脂肪を下げるので、内臓脂肪を減らすことができます。

クリルオイル(アスタキサンチン)は肝臓機能を改善する効果がある

肝機能障害に陥ってしまう原因の一つに、肝臓に脂肪がつきすぎてしまっていることが挙げられます。

脂肪肝がついてしまうと、肝臓の血液の流れが悪化してしまうので、栄養を送ることができず正常に動くことができません。

クリルオイルは、お酒の飲みすぎなどで弱った肝臓を元気にする働きがあります。ラットの試験でもアルコールの吸収を抑え、肝機能を保護する事が確認されています。クリルオイルが肝臓に対して効果的なのは、DHA・EPAとリン脂質の相乗効果と考えられています。新型オメガ3クリルオイルの効果|株式会社ラメール

そしてこのように、クリルオイルに含まれるDHA・EPAとリン脂質が肝臓に対して効果的と述べられています。

リン脂質と肝臓の関係性については以下の引用をご覧ください。

正常な肝臓の脂質は、約2/3がリン脂質で占められ、主に細胞の膜を構成し、残りの約3分の1がコレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸になっています。(脂肪肝 – 宮内まこと記念クリニック

つまり、リン脂質を摂取することで正常な肝臓へと近づいてきます。

DHA・EPAの肝臓に対する効果は中性脂肪を分解し、リン脂質が正常な肝臓を作り上げます。

きなりのクリルオイル(アスタキサンチン)にはDHA・EPAとリン脂質が含まれていますので、肝機能障害には効果的です。

きなりのクリルオイル(アスタキサンチン)は酸化を防ぐ効果がある

クリルオイル(アスタキサンチン)の抗酸化作用はビタミンeの1000倍

クリルオイル(アスタキサンチン)の大きな特徴の1つが強い抗酸化作用です。

その抗酸化作用の強さはビタミンEの1000倍とも言われております。

クリルオイル(アスタキサンチン)がどうしてこれほどの抗酸化作用が強いかというと、分子の構造上にその理由が隠されています。

アスタキサンチンとは-アスタキサンチンラボ

ビタミンEなど通常の抗酸化成分は、細胞膜の内側が外側しか酸化成分から守ることができませんが、

クリルオイル(アスタキサンチン)は細胞膜を内側からも外側からも守っていることにより、酸化成分を防ぎます。

つまり、クリルオイル(アスタキサンチン)は他の抗酸化成分よりも酸化成分に対する防御範囲が広いことが、強力な抗酸化作用を生み出している要因です。

クリルオイル(アスタキサンチン)がきなりに含まれるDHA・EPAの酸化を防ぐ

アスタキサンチンは細胞膜の中心部と膜内表面部の両方で抗酸化力を発揮することができます4)。アスタキサンチンは細胞膜全体をフリーラジカルから守ることができる極めて優秀な物質で,細胞膜の破損を防ぎ,細胞の外郭をしっかり保護するのに大いに役立ちます。(アスタキサンチン:効果効能|オリザ油化株式会社

DHA・EPAは酸化にとても弱く、酸化してしまうと中性脂肪分解する効力など、DHA・EPAの効果を半減させてしまいます。

しかし、きなりに含まれるクリルオイル(アスタキサンチン)の強力な抗酸化作用でDHA・EPAを酸化から守ることができます。

つまり、DHA・EPAとクリルオイル(アスタキサンチン)の組み合わせがあることで、DHA・EPAの効果を半減させることなく、体内で吸収させることができます。

きなりのクリルオイル(アスタキサンチン)の効果のエビデンス

クリルオイル(アスタキサンチン)の効果に関する論文がたくさんある

CiNii Articles 検索 –  アスタキサンチン

 

▼きなりの良さをもっと知りたい方はこちらをどうぞ▼
DHAサプリメント「きなり」公式サイト

きなりに含まれるビタミンEの効果について

きなりのビタミンEは脂溶性なのでDHA・EPAに溶けやすい

ビタミンEは後ほど詳しく書きますが、DHA・EPAの酸化を防ぐ効果があります。

そして、DHA・EPAは脂質なので、脂に溶けやすい性質を持つビタミンEはDHA・EPAと相性がとてもいいです。

つまり、酸化しやすいDHA・EPAと、脂に溶けやすいうえに抗酸化作用を持つビタミンEの組み合わせにより、

DHA・EPAの中性脂肪を分解する効果を落とすことなく体内へ届けることができます。

DHAサプリメント「きなり」にはビタミンEが含まれているので、DHA・EPAの酸化を防ぐことができます。

きなりのビタミンEは中性脂肪の酸化を防ぐ

中性脂肪が酸化してしまうと、過酸化脂質という物質に変化します。

過酸化脂質が増えてしまうと、血管の壁に付着して血液の流れを滞らせてしまいます。

つまり、過酸化資質によって生活習慣病を招いてしまう恐れがあります。

しかし、きなりのビタミンEの抗酸化作用により中性脂肪から過酸化脂質になるのを防ぐので、ビタミンEは、間接的に血液の流れを改善します。

ビタミンEは中性脂肪の酸化を防ぐことで高血圧を下げる

上記でも説明した通り、ビタミンEには抗酸化作用があり、中性脂肪の酸化を防ぐことができます。

中性脂肪が酸化してしまうと、そのせいで血圧が高くなってしまいます。

なので、ビタミンEの抗酸化作用が間接的に高血圧を下げます

また、きなりに含まれるDHA・EPAの酸化を防ぐので、中性脂肪を分解するDHA・EPAの働きをサポートする意味でも、間接的に高血圧を改善します。

 ビタミンEの抗酸化作用が高脂血症を予防する


脂質異常症はどんな病気?血液検査の基準は?動脈硬化の誘発も! | メディカルネットブック

高脂血症とは、血液の中に悪玉コレステロールが多く善玉コレステロールが少ない状態のことを指します。

高脂血症が続くと、血液の流れが悪くなるので高血圧の原因となってしまいます。

また、悪玉コレステロールが酸化してしまうと、さらに血液の流れをさえぎることになります。

そこで、ビタミンEの抗酸化作用によって、コレステロールの酸化を防ぐことで高脂血症が進むのを防ぎます。

つまり、きなりにはビタミンEが含まれてるので、きなりを摂取することで高脂血症を予防できます。

ビタミンEは毛細血管を膨張させ、血流を良くする

ビタミンEは体内でさまざまな働きを担っています。そのひとつが、毛細血管を拡張させて血流をよくする作用です。(効果と働き – 女性に嬉しいビタミンEの効果|アーモンドミルク研究会)

このように、ビタミンEには毛細血管を拡張させる効果があり、そのおかげで血流の流れがスムーズになります。

血液の流れが良くなることで、心不全や心筋梗塞などの血液に関する生活習慣病を防ぐことができます。

つまり、ビタミンEを含むきなりの摂取で毛細血管を広げ、生活習慣病を予防します。

ビタミンEの抗酸化作用が脳梗塞を間接的に防ぐ

脳梗塞を防ぐ生活

脳梗塞はこのように、脳につながる血管の中で動脈硬化により血液が滞ってしまうことで引き起こされてしまいます。

つまり、脳梗塞を防ぐには、動脈硬化や高血圧など脳への血液を滞らせる要因を排除することが大切です。

きなりに含まれるビタミンEは強い抗酸化作用があります。

この抗酸化作用によって、血流が悪くなる原因の1つである中性脂肪やコレステロールの酸化を防いだり、きなりに含まれるDHA・EPAの酸化を防いで中性脂肪分解する効果をサポートします。

このように、きなりのビタミンEは抗酸化作用によって、間接的に脳梗塞の予防へとつながります。

きなりのビタミンEは代謝を促進させる

ビタミンEは毛細血管を拡張する働きがあり、それにより血行がよくなります。

すると、血行がよくなることで、毛細血管の血液が少ないことで起こっている冷え性を改善できます。

冷え性が改善されることで体温が上がり、その分、代謝が上がります。

つまり、きなりのビタミンEには冷え性を改善して代謝を上げる効果があります。

ビタミンEの代謝促進で痩せる

上記で、ビタミンEは代謝を促進させる効果があることがわかりました。

代謝が良くなるということは、それだけエネルギーを消費しているので、体に中性脂肪がたまらず、ダイエット効果を得ることができます。

つまり、きなりに含まれるビタミンEの摂取によって代謝を促進し、痩せる効果をもたらします。

きなりのビタミンEは酸化防止効果がある

ビタミンEの抗酸化作用が酸化に弱い魚油のDHA・EPAを支える

DHA・EPAは酸化に弱く、DHA・EPAが酸化してしまうと、中性脂肪を下げる効果が半減してしまいます。

DHA・EPAの効果を最大限に発揮させるためには、酸化防止策が大変重要です。

そこで、抗酸化作用のあるビタミンEとDHA・EPAを摂取することで、DHA・EPAを酸化させることなく体に届けることができます。

ビタミンEは悪玉(LDL)コレステロールの酸化を防ぐ

悪玉(LDL)コレステロールが酸化してしまうと、さらに血液の流れを悪くさせてしまう動きを高めてしまいます。

そこで、酸化の進行を防ぐ効果のあるビタミンEを摂取することで、悪玉(LDL)コレステロールが酸化するのを防いでくれます。

悪玉(LDL)コレステロールが酸化しなくなると、血流を悪化させる動きがなくなるので、生活習慣病の予防につながります。

きなりのビタミンEで妊娠中でも血行が良くなる

ビタミンEは、末梢血管を広げて血行を促進する作用があります(※1)。血行が促進されることで女性に多いといわれている「冷え性」を改善することができます。

冷えのために筋肉が硬くなっていると、お産が長引く可能性が指摘されているので、妊娠中に改善しておきたいですね(※2)。また、冷え性はお腹の張りや足のむくみなどを引き起こすこともあります。

妊娠初期にはビタミンE!効果や摂取量、おすすめの食べ物は? – こそだてハック

このように、ビタミンEが毛細血管を広げて冷え性を改善することで、出産に対する悪い影響が減ります。

つまり、ビタミンEを含むきなりを摂取することで、妊娠中の女性の冷え性を改善し、血行が良くなることで健康な出産を迎えやすくなります。

ビタミンEで搾乳中の母乳に過酸化物質が入るのを防ぐ

搾乳中の母乳は母親の血液から作られます。

つまり、母親の血液内に過酸化物質が含まれていると、母乳を通じて赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまう恐れがあります。

しかし、ビタミンEの抗酸化作用が母親の血液内の過酸化物質の生成を防ぎます。

つまり、きなりに含まれるビタミンEにより過酸化物質が少ない、栄養価の高い母乳ができるので、赤ちゃんの健康につながります。

▼きなりの良さが知りたい方はこちらをどうぞ▼
DHAサプリメント「きなり」公式サイト

きなりに含まれるビタミンB1の効果について

きなりのビタミンB1は水溶性なので吸収率がいい

ビタミンB1は水に溶けやすい性質があります。

なので体内に吸収されやすく、その分、ビタミンB1の効果も早く効いてきます。

きなりのビタミンB1を糖質代謝を促す効果がある

ビタミンB1の効果は、ブドウ糖などの糖質をエネルギーに変える働きを促進することです。

つまり、エネルギー代謝を高める効果があるので、生活習慣病の予防につながります。

ビタミンB1は心不全を予防する効果がある

『脚気』とは⇒ビタミンB1欠乏症の一つで、ビタミンB1の欠乏によって心不全と末梢神経障害をきたす疾患です。心不全によって下肢のむくみが、神経障害によって下肢のしびれが起きることから『脚気』の名で呼ばれます。心臓機能の低下・不全(衝心)を併発する事から、脚気衝心とよばれることもあります。(脚気(かっけ・脚気衝心)今昔 – 坂東ハートクリニック

このように、ビタミンB1が減ることで心不全を起こしてしまいます。

ビタミンB1が減ってしまうと、糖質の代謝が減ってしまうので、心臓の動きが減ってしまい、心不全に陥ってしまいます。

しかし、逆に言うと、ビタミンB1をとることで心不全を予防することができます。

なので、ビタミンB1を含むきなりを摂取することで心不全を回避することができます。

ビタミンB1は末梢血管抵抗を改善する効果がある

末梢血管抵抗とは、毛細血管など、細い血管の中で起こる血液の流れの抵抗のことです。

ビタミンB1は末梢血管を正常に保つ働きが確認されています。

なので、ビタミンB1が不足してしまうと、末梢血管内の血流が悪くなってしまい、心不全や脚気などの症状を起こしてしまいます。

つまり、きなりに含まれるビタミンB1を摂取することで、末梢血管抵抗を減らして生活習慣病予防することができます。

ビタミンB1は高い血糖値を下げ、糖尿病を予防する効果がある

糖尿病とは、血中の糖度の濃度が高い状態のことを表します。

そしてビタミンB1は糖質を燃焼させてエネルギーに変える働きがあるので、これが不足してしまうと糖質が燃焼されなくなり、血中に糖質が多く溜まってしまいます。

こうなってしまうと、血中に糖質が多くたまってしまうことで、血糖値が上がってしまい、糖尿病になってしまいます。

つまり、きなりに含まれるビタミンB1を摂取すれば、高い血糖値を下げることができ、糖尿病を予防することができます。

▼きなりを試してみたい方はこちらをどうぞ▼
DHAサプリメント「きなり」公式サイト

きなりに含まれるビタミンB2の効果について

きなりのビタミンB2は水溶性

ビタミンB2は水に溶けやすい性質があります。

つまり、体内の水分と混ざりやすくなることで、吸収率が上がります。

きなりのビタミンB2はエネルギー代謝を促す

ビタミンB2は、糖質やたんぱく質や脂質などの対象を流すことで、エネルギーを作り出しています。

エネルギー代謝を促すので、様々な生活習慣病を改善する効果が期待できます。

きなりのビタミンB2は肝臓機能を改善する効果がある

肝臓の3つの大きな役割の1つに、代謝が上がります。

胃や小腸から吸収された栄養素を、体が吸収しやすい形に分解したり合成したりするのが肝臓の役割です。

ビタミンB2は、糖質や脂質やたんぱく質をエネルギーという体が吸収しやすい形に変化させています。

このような意味で、きなりに含まれるビタミンB2は肝臓の役割をサポート・改善をしていると言えます。

きなりのビタミンB2は動脈硬化を予防する効果がある

動脈硬化のほとんどの原因が、高血圧です。

高血圧は血中に糖質や脂質等が溜まってしまうことで、血液の流れが悪くなってしまうことが起こってしまいます。

つまり、動脈硬化を防ぐためには、糖質や脂質を血管内にためないことが大切です。

ビタミンB2は、上記の説明書通り、糖質や脂質を燃焼させる働きがあります。

ビタミンB2が糖質や脂質を減らすことで、動脈硬化になる可能性を減らしています。

きなりのビタミンB2は血圧を下げる効果がある

血圧が高くなってしまうのは、血中に中性脂肪や糖質があるせいで、血液の流れが悪くなってしまうことです。

つまり、糖質や脂質をエネルギーに変える働きを促進させるビタミンB2を摂取することで、高い血圧を改善することができます。

きなりに含まれるビタミンB6の効果について

きなりのビタミンB6は脂質やたんぱく質の代謝を促す

ビタミンB6の主な働きは、脂質やタンパク質の代謝を促進させることです。

脂質代謝の促進を促すことで体に中性脂肪を溜めず、また、タンパク質の代謝を促すことで、タンパク質が原料である皮膚や粘膜などを作ることができます。

ビタミンB6はコレステロールサプリの「きなり」に含まれています。

きなりのビタミンB6は水溶性なので吸収されやすい

ビタミンB6は、水分に溶け込みやすい性質があるので、体内に吸収されやすいです。

体内に吸収されやすいので、ビタミンB6の効果も損なわれずに、効果を得ることができます。

きなりのビタミンB6は動脈硬化を予防する効果がある

健康情報|とやまの製薬会社|受託製造|第一薬品工業株式会社

心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす動脈硬化の原因として、LDL(悪玉)コレステロールがよく知られているが、最近の研究で注目されているのは、アミノ酸の一種である「ホモシステイン」。

ホモシステインは、肝臓で行われるアミノ酸(システイン)の代謝過程で一時的につくられる。葉酸やビタミンB6が不足すると、システインへの代謝が低下し、血中のホモシステイン量が上昇する。その結果、活性酸素が生じ動脈硬化の原因になる。葉酸、ビタミンB6で心血管疾患のリスクが低下 5.8万人を調査 | 最近の関連情報・ニュース | 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会

上記の画像と引用から、ビタミンB6が減ってしまうと、ホモシステインというアミノ酸の一種が増えます。

増えたホモシステインは悪玉(LDL)コレステロールと結合しやすくなり、血管の内側に付着し、動脈硬化を引き起こしてしまいます。

つまり、ビタミンB6の不足が動脈硬化を引き起こすので、ビタミンB6の摂取が動脈硬化の改善に効果があるといえます。

つまり、ビタミンB6を含むきなりは、動脈硬化の予防に効果があるといえます。

きなりのビタミンB6は肝臓機能を改善する効果がある

ビタミンB6は、脂質の代謝も促進させるので、肝臓機能を低下させる原因である脂肪肝を作らせない効果があります。

脂肪肝が溜まってしまう、肝臓に血液が行き渡らず、肝臓が正常に動かなくなってしまいます。

なので、きなりに含まれるビタミンB6を私することで、肝臓機能を改善させることが見込めます。

▼きなりを試したくなった方はこちらをどうぞ▼
DHAサプリメント「きなり」公式サイト

【きなりの効果】きなりは中性脂肪を分解する効果が期待できる

 

きなりに含まれるDHA・EPAやクリルオイル(アスタキサンチン)には、中性脂肪を下げる効果があることが確認されています。

  • DHA/EPA・・肝臓内で中性脂肪を分解
  • クリルオイル(アスタキサンチン)・・きなりに含まれるDHA・EPAの酸化を防ぐ

きなりに含まれるDHA・EPAが中性脂肪を分解する効果を発揮し、クリルオイル(アスタキサンチン)がそのDHA・EPAの働きをサポートするという形で体内の中性脂肪を下げることができます。

▼きなりで生活習慣病を予防する▼
DHAサプリメント「きなり」公式サイト

きなりに含まれる成分はコレステロールを下げる効果がある

体内の中性脂肪濃度が増えると、コレステロールが増えるという関係性があるのが明らかになっています。

つまり、中性脂肪を下げることでコレステロールも同時に下げることができます。

中性脂肪を下げる効果のあるきなりの成分は上記でも説明した通り、DHA・EPAやクリルオイル(アスタキサンチン)です。

また、きなりに含まれるDPAやナットウキナーゼにも、コレステロールを下げる効果が確認されています。

その他にも、コレステロール値を正常にする働きもあります。

コレステロール値が上昇すると血管内に付着した状態になるため、動脈硬化になる可能性を高めますが、ドコサペンタエン酸はこの吸着を防ぐことができるのです。(ドコサペンタエン酸の効果や多く含む食品って?ドコサペンタエン酸摂取にオススメのサプリ – まるわかりミドリムシ【ユーグレナラボ】

【3】高脂血症患者46名において、ナットウキナーゼを1日あたり200mg および紅麹を1日1200mg 、6カ月間摂取させたところ、血中総コレステロール、LDLコレステロール、総コレステロール/HDLコレステロール比の改善が見られました。この結果より、ナットウキナーゼには高コレステロール血症予防効果が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19786378)(ナットウキナーゼ | 成分情報 | わかさの秘密

このように、DPAはコレステロールが血管内の壁に付着するのを防ぎ、ナットウキナーゼは実験により、コレステロールが下がる効果が確認されています。

なので、きなりに含まれるDHA・EPAやクリルオイル(アスタキサンチン)だけでなく、DPAやナットウキナーゼにもコレステロールを下げる効果があるといえます。

きなりは血圧を下げる効果がある

血圧は、血中に中性脂肪やコレステロールが増えてしまうことで、血液の流れが悪くなり、血液の圧力が高まってしまいます。

すると、血管の壁に負担がかかってしまい、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病につながります。

なので、高血圧を改善するには中性脂肪やコレステロールを下げる必要があります。

きなりに含まれる成分で中性脂肪やコレステロールに効果のある成分は以下の通りです。

  • DHA・EPA
  • クリルオイル(アスタキサンチン)
  • DPA
  • ナットウキナーゼ
  • ビタミンE
  • ビタミンB1、B2、B6

きなりに含まれるほとんどの成分が、中性脂肪やコレステロールを下げるのに効果のあるものばかりです。

つまり、きなりの摂取が高血圧を下げることにつながります。

きなりの「血圧上がった」という口コミには必ず原因がある

きなりには、「血圧が上がってしまった」「きなりは血圧に効果がない」という口コミがたまにありますが、これらの口コミには必ず原因があります。

例えば、お菓子を頻繁に食べていたり、高カロリーの食事ばかりをしていたり、運動を全くしていないといくらきなりを摂取していても、血圧が改善されず、むしろ血圧が上がってしまいます。

きなりを摂取したうえで、脂の多い食事を控え、軽くでも運動をするなど日常生活を少しでも変えれば、血圧が上がることはほとんどありません。

血圧が上がったという口コミをあまり真に受けず、それより、きなりの摂取だけに頼りきらないという意識も大切です。

きなりは血糖値を改善する効果がある

ONCLUSION: The results of our study indicate that EPA supplementation could improve insulin sensitivity. It was able to decrease serum insulin, FPG, HbA1c and HOMA-IR. EPA could have beneficial effects on glycaemic indices in patients with T2DM.(Eicosapentaenoic acid improves insulin sensitivity and blood sugar in overweight type 2… – Abstract – Europe PMC

シンガポールで行われた実験では、EPAが血糖値を下げるインスリンの分泌を促進させる効果があることがわかりました。

また、きなりにはビタミンB類が入っており、これらは糖質をエネルギーに代謝させる効果を促すので、血中に糖がなくなる要因となります。

つまり、きなりに含まれるEPAやビタミンB類が血糖値を下げる働きをするので、きなりの摂取は血糖値の改善が見込めます。

きなりは血糖値が下がるので糖尿病の改善が見込める

糖尿病とは血糖値が高いのが続いている状態のことです。

糖尿病を改善するためには、血糖値を下げることが大切です。

上記で解説した通り、きなりに含まれるEPAやビタミンB類が血糖値を下げる効果があるので、きなりの摂取は糖尿病の改善につながります。

きなりに含まれるDHA・EPAなどは脂肪肝を減らす効果がある

脂肪肝は、肝臓内に中性脂肪がたまってしまうことで増えていきます。

つまり、脂肪肝を減らすためには中性脂肪を減らす成分を摂取することが大切です。

きなりに含まれるDHA・EPAやクリルオイル(アスタキサンチン)やDPAやナットウキナーゼやビタミンB類には中性脂肪を減らす効果があります。

なので、きなりの摂取が脂肪肝を減らす効果につながります。

きなりは肝臓負担・肝機能障害を改善する効果が期待できる

肝機能障害の主な原因は肝臓に中性脂肪がたまることにより、肝臓の動きが悪くなってしまうことです。

つまり、肝機能障害を改善するためには脂肪肝を減らすことが大切です。

上記に書いた通り、きなりに含まれる成分のほとんどが脂肪肝を減らす効果があります。

なので、きなりを飲み続けることで肝臓への負担を減らし、肝機能障害を改善することができます。

きなりは中性脂肪を分解して動脈硬化を予防する効果がある

動脈硬化は血液の流れをさえぎる中性脂肪やコレステロールや血栓が増えてしまうことで引き起こされてしまいます。

きなりには、中性脂肪を分解する効果があるDHA・EPAとクリルオイル(アスタキサンチン)、血栓を予防する効果のあるナットウキナーゼ、コレステロールを下げる効果のあるDPAが豊富に含まれています。

つまり、きなりに含まれる成分があらゆるアプローチで血圧を減らし、動脈硬化を防ぐ効果があります。

きなりの成分は心筋梗塞を予防する効果がある

心筋梗塞は心臓につながる血管が高血圧や動脈硬化によってふさがれてしまい、心臓を動かす筋肉が動かなくなり、心臓が止まってしまう病気です。

心筋梗塞の原因が主に高血圧による動脈硬化です。

つまり、上記で解説した通り、きなりに含まれる成分があらゆるアプローチで動脈硬化を防ぎます。

動脈硬化を防ぐ効果のおかげで、きなりの摂取が心筋梗塞の予防につながります。

▼生活習慣病を予防したい方はこちらをどうぞ▼
DHAサプリメント「きなり」公式サイト

【きなりの効果】きなりの効果がでる期間・時間

きなりは3か月~1年間飲み続けて効果が出てくる

きなりの製造会社であるさくらの森の公式サイトによると、このように、DHAサプリメント「きなり」の効果が出るまでは1ヵ月から3ヶ月ほどかかると明記されています。

つまり、きなりを飲んでもすぐに効果が出るわけではありません。

きなりを飲むときは、効果が出るまで時間がかかることを認識しておくと良いです。

きなりは1か月では効果が出ない

公式サイトに書いてある通り、きなりの効果が出るのは最低でも3ヶ月ほどです。

確かに体質によってはすぐに効果が出る人はいますが、どんな人でもすぐに効果が現れてしまうと、体に大きな負担をかけてしまいます。

そうなってしまうと、中性脂肪やコレステロールを下げるどころか、かえって逆効果を生んでしまう恐れがあります。

体への負担と言う安全性を考慮すると、即効性のあるサプリはむしろオススメできません。

きなりは2か月では効果が出ない

公式サイトで、きなりの効果が現れるまで最低でも3ヶ月ほどかかると書いてあるので、きなりの効果は2ヶ月では出てきません。

上記にも解説した通り、すぐに効果が出ると言う事は体に大きな負担をかけてしまうということです。

3ヶ月ほど徐々に成分の効果を与えることで、体に負担をかけることなく、コレステロールや中性脂肪を下げることができます。

▼きなりを試してみたいはこちらをどうぞ▼
DHAサプリメント「きなり」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です