【きなりの認知症への予防効果】DHA・EPAは認知症の症状に予防効果がある

【きなりの認知症への予防効果】きなりが認知症に効果のある3つの理由

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

きなりが認知症の症状への予防効果がある理由①:認知症を改善・予防するDHAが豊富に含まれてる

認知症が脳神経細胞活性化することが必要だと言う画像

認知症を予防改善するためには、脳神経細胞の動きを活性化する必要があります。

きなりに含まれるDHAには脳神経同士をつなげるシナプスの活性化を促す効果があります。

つまり、DHAを摂取することで認知症の予防につながります。

きなりにはDHAが450mgと、日本人が不足している1日分のDHAの量を摂取できるほど、DHAが豊富に含まれています。

なので、DHAを多く含むきなりを摂取することで認知症の予防につながります。

きなりが認知症の症状への予防効果がある理由②:DHA・EPAの酸化を防ぐクリルオイル(アスタキサンチン)とビタミンEが含まれている

DHAは酸化に弱い性質があり、酸化してしまうとDHAの脳への効力が弱まってしまいます。

なので、認知症への効果を発揮させるためには、DHAの抗酸化対策が必須になります。

きなりにはDHAの酸化を防ぐために、クリルオイル(アスタキサンチン)とビタミンEが同時に含まれています。

特にクリルオイル(アスタキサンチン)は抗酸化作用がある成分としては1番強い部類に入る成分です。

このように、きなりに含まれるDHAを酸化させない工夫があることによって、DHAを純度の高いまま脳へ届けることができ、認知症の予防効果をサポートします。

きなりが認知症の症状への予防効果がある理由③:DHA以外にも認知症に有効な成分を予防する成分が含まれている

きなりにはDHA以外にも認知症予防する効果が期待できる成分が以下のように含まれています。

  • EPA・・血中の中性脂肪やコレステロールを下げる
  • DPA・・血液をサラサラにする効果
  • クリルオイル(アスタキサンチン)・・DHA・EPAに対する抗酸化作用
  • ナットウキナーゼ・・血栓を除去して血液をサラサラにする

きなりに含まれるDHA・EPA以外の成分は、主に脳血管性認知症に対する予防効果を見込めることができます。

脳血管性認知症は、高血圧により脳に送る血液が遮られてしまうことで引き起こされます。

きなりに含まれるDHA・EPA以外の成分は、血流を改善する効果が見込めるものが多いので、脳血管のつまりによる認知症を防ぐことができます。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりの認知症への予防効果】きなりサプリに含まれる成分の認知症・認知機能への効果

きなりに含まれるDHAの認知症・認知機能への効果

DHAは脳・認知機能を改善する

DHAは記憶力を改善する

DHAは「脳によい」とされていますが、実際に記憶力にどのような影響を与えるかを調べるため、18歳~45歳にDHAを摂取してもらい、コンピュータのテストで記憶力を調べる研究が行なわれました。この実験結果によると、DHAを摂取してもらった方が記憶力は高まるとわかりました[1]。(【医師監修】記憶力が上がる?DHAの脳への効果 | ヘルスケア大学

このように、実験でDHAは記憶力を改善する効果があるということが判明しました。

DHAサプリメント「きなり」に含まれるDHAは、脳神経細胞の細胞膜を柔らかくする性質があるので、脳神経細胞同士のつながりを強くすることができます。

その結果、記憶力を高めることにつながっています。

DHAは脳関門をくぐり抜けられる数少ない成分

脳の入口には血液脳関門というものがあり、ここで脳に必要な物質とそうでない物質がふるいにかけられ、必要ないものは排除されます。DHAは、この血液脳関門を通過できる数少ない物質であるため、継続して摂取することで、記憶力はもとより、脳細胞全体の活性化が期待されるというわけです。ちなみに、同じオメガ3系の脂肪酸であるEPAは、ここを通過することはできませんhttp://sp.skincare-univ.com/article/011184/

通常の栄養素は、脳関門という場所で脳に必要な血液が振り分けられてしまい、入ることができません。

しかし、DHAは脳関門に入ることのできる数少ない要素で、脳の栄養素と呼ばれるほど、脳内に数多く存在しています。

きなりに含まれるDHAの脳への効果

DHAは脳卒中を予防する

脳卒中とは?|NO!梗塞.net-脳梗塞ネット|脳梗塞の前兆から対策、診断、症状、治療など

脳卒中は血管が詰まるパターンと血管が破れるパターンがありますが、いずれも高血圧が原因です。

DHAに付属するEPAは、血中の中性脂肪を分解して高血圧を下げる作用があります。

つまり、きなりに含まれるDHA・EPAを摂取することによって血液の流れが改善されて脳卒中を予防することができます。

DHAは脳梗塞を予防する

脳梗塞の概要|脳梗塞リハビリセンター

フィブリンというのは、本来であれば傷などのせいで血が流れ出てしまう状態になったときに、その血を固めて止血するという働きをしています。
しかし、動脈硬化などによってあまりにもたくさんの傷が出来てしまうと、あらゆるところでフィブリンがさまざまな血液成分を絡め取り固まってしまい、血の流れを妨げる血栓になってしまうのです。(脳梗塞の概要|脳梗塞リハビリセンター

このように、動脈硬化により血栓ができてしまい、脳内の血流が血栓によって妨げられてしまうことが脳梗塞の原因です。

きなりに含まれるDHA・EPAは血中の中性脂肪やコレステロールを減らして動脈硬化を防ぐ働きがあります。

動脈硬化が減ると血管内の傷が減り、フィブリンの動きも減るので、脳梗塞を予防することができます。

つまり、きなりに含まれるDHA・EPAの摂取により、脳梗塞を予防することができます。

DHAはパーキンソンを予防する

私たちが体を動かそうとすると、脳の「大脳皮質」から全身の筋肉に、運動の指令が伝わります。
このとき、私たちの意図どおりに体が動くように、運動の調節を指令しているのが神経伝達物質の「ドパミン」です。ドパミンは、脳の奥の「黒質」にある「ドパミン神経」でつくられています。

パーキンソン病になると、このドパミン神経が減少し、ドパミンが十分につくられなくなります。
その結果、運動の調節がうまくいかなくなり、体の動きに障害があらわれるのです。(パーキンソン病とはどんな病気? なぜパーキンソン病になるの?パーキンソン病の診断と治療って? 一般の方向け情報 日本メジフィジックス株式会社

このように、パーキンソン病とは運動の指令を出す神経細胞の数が減ってしまうことで、体の動きに障害が出てしまうことです。


パーキンソン病とはどんな病気? なぜパーキンソン病になるの?パーキンソン病の診断と治療って? 一般の方向け情報 日本メジフィジックス株式会社

このような症状を防ぐには、きなりに含まれるDHAを摂取することです。

DHAは脳神経細胞の細胞膜をやらかくすることによって、脳神経細胞同士のつながりを強くします。

つまり、きなりに含まれるDHAにより、ドパミン神経のつながりを強くし、運動をつかさどる神経の動きを改善することで、パーキンソン病を改善することができます。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

きなりに含まれるEPAの認知症・認知機能への効果

EPAは血液に対して、DHAは脳に対して効果を発揮するというのがDHA・EPAの違いです。

なので、EPAは高血圧によって脳の血管が塞がれることによって引き起こされる脳血管性認知症のほうに効果があります。

というのも、EPAは血中の中性脂肪やコレステロールを下げる効果があるため、高血圧を下げることができるからです。

なので、EPAを含むきなりを摂取することによって、認知症を防ぐことができます。

きなりに含まれるクリルオイル(アスタキサンチン)の認知症・認知能への効果

クリルオイル(アスタキサンチン)にはDHA・EPAが豊富に含まれてる

クリルオイル(アスタキサンチン)は南極オキアミというエビのオイルから取れるので、DHA・EPAを豊富に含みます。

特にクリルオイル(アスタキサンチン)に含まれるDHAが、上記で解説した通り、脳神経細胞のつながりを強くして認知症を防ぐ効果があります。

つまり、きなりに含まれるクリルオイル(アスタキサンチン)には認知症予防する効果が期待できます。

クリルオイル(アスタキサンチン)の抗酸化で間接的に認知症予防する

クリルオイル(アスタキサンチン)には成分の酸化を防ぐ作用があります。

DHA・EPAは酸化に酸化に弱く、酸化してしまうと脳神経細胞のつながりを強くする効果が薄れてしまいます。

しかし、クリルオイル(アスタキサンチン)の強い抗酸化作用により、純度を保ったままDHAを脳内へ送りこむことができ、シナプスを強化する働きが損なわれずに済みます。

つまり、きなりに含まれるクリルオイル(アスタキサンチン)の抗酸化作用は、DHAの酸化を防ぐことで、間接的に、認知症の改善をサポートします。

きなりに含まれるナットウキナーゼの認知症・認知機能への効果

きなりに含まれるナットウキナーゼには血の塊である血栓を減らす効果があります。

血栓が減ることで血の流れが改善されるため、脳内の血管が詰まることによって引き起こされる、脳血管性認知症を防ぐことができます。

つまり、きなりのナットウキナーゼを摂取することで脳血管性認知症を防ぐことができます。

きなりに含まれるDPAの認知症・認知機能への効果

DPAとはDHA・EPAと同じオメガ3脂肪酸の一種ですが、取れる量が非常に少ないため希少な成分とされています。

DHA・EPAと同じ仲間なので中性脂肪やコレステロールを減らすといった効果もありますが、血液をサラサラにする効果はEPAの10倍とも言われています。

つまり、きなりに含まれるDPAを摂取することにより、血液がサラサラになるので、脳内の血管が詰まることによって引き起こされる脳血管性認知症を防ぐ効果が期待できます。

きなりに含まれるきなりに含まれるビタミンの認知症・認知機能への効果

きなりに含まれるビタミンEの抗酸化作用が認知症・認知機能に対して間接的に効果がある

DHA・EPAは酸化に弱く、酸化してしまうと認知症に対する効果を失うだけでなく、DHA・EPAは過酸化脂質となり血管内を傷つけて高血圧の原因となります。

高血圧になってしまうと、血液の流れが悪くなので脳血管性認知症になると可能性が高まってしまいます。

つまり、DHA・EPAの酸化を防ぐことが、認知症の予防へとつながります。

きなりには抗酸化作用があることで有名なビタミンEが含まれています。

このビタミンEによりDHA・EPAの酸化を防ぐことで、間接的に、認知症予防へとつながります。

きなりに含まれるビタミンB1の認知症・認知機能への効果

ビタミンB1の主な働きは、脂質や糖質を代謝してエネルギーに変える働きです。

なので、ビタミンB1を摂取することで、余分な脂肪や糖質を代謝し、血中の中性脂肪減らし高血圧を改善します。

つまり、きなりに含まれるビタミンB1の摂取により、高血圧の原因となる糖質や脂肪が代謝されるので、血流の流れが良くなり、脳血管性認知症を防ぐ効果が期待できます。

きなりに含まれるビタミンB2の認知症・認知機能への効果

ビタミンB2は主に髪の毛や皮膚を生み出す作用がありますが、こちらにもビタミンB1と同じように脂質や糖質を代謝させる効果があります。

脂質や糖質を代謝させることで、中性脂肪やコレステロールを減らして血流を改善します。

つまり、ビタミンB2を含むきなりを摂取することで、脂質や糖質を代謝し、高血圧を改善することで、脳血管性認知症を防ぐ効果が期待できます。

関連商品:DHAサプリメント「きなり」

きなりに含まれるビタミンB6の認知症・認知機能への効果

神経伝達物質が減ってしまうことで、脳神経同士のつながりが悪くなり認知症となってしまいますが、

きなりに含まれるビタミンB6は、神経伝達物質の元であるアミノ酸の合成をサポートします。

つまり、きなりに含まれてるビタミンB6の摂取により、神経伝達物質が活発化し、認知症防ぐ効果を得ることができます。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりの認知症の予防効果】認知症の基礎知識と原因と種類

認知症の症状

認知症の症状①:中核症状

 (認知症の中核症状 | 健康長寿ネット

中核症状とは、認知症により脳細胞の働きが低下することによる直接的な影響のことを指します。

例えば、画像にある通り、記憶障害や言語障害などです。

認知症の症状②:周辺症状

 (認知症の中核症状 | 健康長寿ネット

周辺症状は意欲低下、妄想、幻覚などが代表的な症状です。

認知症の中核症状は症状の重度が高く、周辺症状は症状の重度が比較的軽いという覚え方です。

きなりで予防できる認知症の種類

きなりが有効な認知症の種類①:アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症の原因

 (アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)とは|初期症状や予防法など | 認知症ねっと

アミロイドβやタウといったたんぱく質が脳神経細胞に溜まることで、脳神経細胞が壊れていくことで認知力に衰えが生じてしまうことが原因です。

きなりはアルツハイマー型の認知症を予防する効果がある

記憶力を維持する!EPA・DHA効果とは?|ブランド一覧|ニッスイ商品情報サイト

このように、DHAにはアルツハイマー型認知症の原因であるアミロイドβやタウたんぱく質の脳への蓄積を減らす作用があります。

DHAの摂取により、脳神経細胞を壊す物質が減り、脳神経細胞同士のつながりを強くするため、

きなりに含まれるDHA・EPAはアルツハイマー型認知症の予防に効果があるといえます。

 (DHAの効果:痴呆症・アルツハイマー | DHAのチカラ | マルハニチロ株式会社株式会社

その証拠に、アルツハイマーで亡くなった方とそうでない方だと、脳内のDHAの数が半分も違いがあることがわかりました。

このことからも、アルツハイマーの治療にDHAが有効なことがわかります。

アルツハイマー型認知症の早期発見方法

意外と知られていない!目からウロコのアルツハイマー早期発見方法とは | 認知症ねっと

認知症の早期発見のためには上記の画像のような症状を逃さないことです。

上記のような症状を自覚したり、家族や知人の方に指摘を受けたことはありませんか?

もし指摘を受けていた場合、アルツハイマーの可能性があります。

これらの症状が出る方は、DHAを豊富に含むきなりサプリなど、DHAサプリを摂取することから始めてみると効果的です。

きなりが有効な認知症の種類②:レビー小体型認知症

レビー小体型認知症の原因

レビー小体型認知症とは|特徴・症状の改善策・有効な薬など | 認知症ねっと

レビー小体型認知症とは、脳内にレビー小体と呼ばれる物質がたまりすぎて脳神経細胞を壊すことで引き起こされる認知症のことです。

レビー小体型認知症とは〔その特徴を知る〕 |相談e-65.net

レビー小体型認知症はこのように、幻覚が見えてしまったり体の運動をつかさどる神経が不自由になるパーキンソン病のような症状が出てしまいます。

レビー小体型認知症を無くすためには、脳内にレビー小体を無くすことが大切です。

きなりにレビー小体型認知症を予防する効果はないが、壊れた脳神経同士のつながりを改善できる

記憶力を維持する!EPA・DHA効果とは?|ブランド一覧|ニッスイ商品情報サイト

きなりに含まれる成分が、レビー小体型認知症の原因であるレビー小体を減らすわけではありません。

きなりに含まれるDHAは、レビー小体によって壊された脳の神経細胞のつながりを修復する効果があります。

なので、きなりはレビー小体自体を減らすことができないが、レビー小体によって壊された脳神経同士のつながりを回復することができますので、

きなりはレビー小体型認知症に間接的に有効だといえます。

レビー小体型認知症の早期発見方法

レビー小体型認知症チェックリスト | 早期発見のポイント|相談e-65.net

 

レビー小体型認知症の大きな特徴は認知機能に関する症状が初期には現れず、幻覚が現れることです。

認知機能に関する症状が初期で出ないがゆえに、レビー小体型の認知症だと気づかない恐れがあります。

なぜレビー小体型認知症になるの? – 日本メジフィジックス)

このように、レビー小体型認知症だと認知機能の良し悪しに差が出てくるからです。

なので、実際にないものが見えているのではないかと他人に指摘された場合は自覚した場合は、レビー小体型認知症ではないかと注意する心がけをつけましょう。

きなりが有効な認知症の種類③:脳血管性認知症

脳血管性認知症の原因

血管性認知症とは|認知症の基礎知識|相談e-65.net

脳血管性認知症の原因とはこのように、脳内の血管の流れが詰まってしまうと、その周りの脳神経に栄養が行き届かず、脳神経の動きに悪影響与えてしまいます。

なので、脳血管性認知症予防するためには、体の血流の流れを改善することが大切です。

きなりは脳血管性認知症を予防・早期治療する効果がある

きなりに含まれるDHA・EPAには中性脂肪やコレステロールを分解して、血液の流れを改善する効果があります。

血流の流れが改善することで、脳内の血管に血液が送られやすいので、その周りの脳神経細胞にダメージを与えることが少なくなります。

つまり、DHA・EPAを豊富に含むきなりの量を摂取することによって、脳血管性認知症を予防することができます。

脳血管性認知症の早期発見方法

脳血管性認知症の症状としては、認知機能障害手足にしびれや麻痺を感じることが挙げられます。

なのでこれらの症状が気になる場合は、まずはDHA・EPAを豊富に含むきなりの摂取から始めることをお勧めします。

また、メタボ脂質異常症などを、体が肥満だと高血圧になりやすい傾向にあるため、脳血管性認知症になりやすいです。

つまり、肥満体型=脳血管性認知症の初期症状と言えます。

なので、メタボは脂肪が多い方は高血圧を改善するきなりの摂取から始めると、お手軽に脳血管性認知症予防することができます。

きなりが有効な認知症の種類④:若年性認知症

若年性認知症の原因と若年性認知症になりやすい人

若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症のことです。

通常の認知症との違いは、物忘れといった精神症状が多く現れることです。

若年性認知症の原因も、通常の認知症と原因は同じで、脳内の神経細胞が壊されることによって引き起こされてしまいます。

また、65歳以下なの若年層に見られるため、老化による脳神経細胞の衰えではなく、高血圧により脳の血管が狭くなってることによって引き起こされることが多いです。

きなりは若年性認知症を予防する効果がある

厚生労働省:若年性認知症の実態等に関する調査結果の概要及び厚生労働省の若年性認知症対策について

こちらは、厚生労働省のページにある若年性認知症の主な原因ですが、グラフを見ると分かる通り、脳血管性認知症がほとんどの原因を占めています。

これは、若年層に見られる高脂肪な食生活が原因で高血圧になってしまい、脳血管性認知症になってることが予想されます。

きなりには中性脂肪を下げるDHA・EPAや血液をサラサラにするナットウキナーゼやDPAなどが高血圧を改善する効果のある成分が含まれています。

つまり、きなりを摂取することにより、脳血管性認知症を防ぐので、若年性認知症も防ぐことができます。

若年性認知症の早期発見方法

若年性認知症の早期発見をするためには、脳血管性認知症の初期症状を見抜くことが大切です。

脳血管性認知症の初期症状は、認知機能に障害が出るや、手足に痺れや麻痺を感じることです。

また、肥満も脳血管性認知症を高める要因となってしまいます。

なので、肥満を自覚することも、若年性認知症を早期発見するために必要な対策の1つです。

▼認知症が気になる方はこちらをどうぞ▼
DHAサプリメント「きなり」

きなりは認知症だけでなく、認知症に関連する病気の予防にもつながる

きなりで予防できる認知症の関連病気①:脳梗塞

脳梗塞の原因は脳の血管が破れたり詰まったりすることで、血液が回らないことです。

なので、脳梗塞を防ぐためには、脳の血管内の血流を滞らせないことが大切です。

きなりには以下のように、血管内の血流を滞らせない工夫がたくさん施されています。

  • 血中の中性脂肪分解するDHA・EPA
  • 血の塊である血栓を分解するナットウキナーゼ
  • DHA・EPAの働きをサポートするクリルオイル(アスタキサンチン)とビタミンE
  • 脂質を代謝して血中内に内に脂質をためないビタミンB類

このように、きなりに含まれるあるゆる成分が脳梗塞を予防することができます。

きなりで予防できる認知症の関連病気②:脳萎縮

脳の形態の変化 | 健康長寿ネット – 長寿科学振興財団

脳萎縮とは、上記の画像のように、脳みそ自体が萎縮してしまうことです。

 「研究期間中に実施した脳画像診断で、認知機能が正常でオメガ3系脂肪酸を摂取していた人々は、摂取していなかった人々に比べ、主要な脳領域の脳委縮が少ないことが示されました」と、ダイエロ氏は言う(サバやサンマなど魚のDHAとEPAが認知機能の低下を低減 | ニュース | 保健指導リソースガイド

このように、オメガ3系脂肪酸であるDHA・EPAを摂取することにより、脳萎縮を減らす効果がアメリカの実験にて明らかになりました。

つまり、DHAを豊富に含むきなりを摂取することにより、脳萎縮を防ぐことができます。

きなりで予防できる認知症の関連病気③:高次脳機能障害

脳卒中や交通事故などによる脳の損傷が原因で、脳の機能のうち、言語や記憶、注意、情緒といった認知機能に起こる障害を高次脳機能障害と言います(高次脳機能障害とは? | 高次脳機能障害専門クリニック はしもとクリニック経堂

高次脳機能障害とは、脳梗塞や脳出血などの脳卒中により脳神経細胞にダメージかけることによって認知機能に障害が及ぶことをいいます。

そのため、高次脳機能障害の原因は脳卒中であり、残りは交通事故など外的要因によるものです。

つまり、高次脳機能障害を防ぐためには、大元の原因である脳卒中を防ぐことが有効です。

脳卒中は、高血圧により脳内に血管が行き届かなかったり、脳内の血管が破裂して出血してしまうことによって引き起こされてしまいます。

いずれにせよ、結果に負荷をかける高血圧が原因なので、DHA・EPAやナットウキナーゼやクリルオイル(アスタキサンチン)など、

たくさんの高血圧を改善する成分が組まれてきなりを摂取することによって、高次脳機能障害を防ぐことができます。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりの認知症への予防効果】他の認知症サプリメント・薬ときなりの比較

認知症予防サプリメントときなりの効果比較

【認知症予防サプリメントときなりの効果比較】認知症予防サプリメント「大正DHA・EPA」よりも、きなりのほうが認知症に効果がある

大正DHA・EPAにはDHA・EPAが600mgと豊富に含まれているので、その分、認知症に効果があるといえます。

しかし、認知症を防ぐきなりと比べてしまうと、大正DHA・EPAは以下のような点で劣っています。

DHAの量はきなりは450mgで大正は400mgなので、きなりの方がDHAの量が多い

(↑大正DHA・EPAの成分量 ↓きなりの成分量)

認知症や脳に対して直接効果のある成分はEPAではなく、DHAの方です。

この画像を見ると分かる通り、きなりの方がDHAの量が50mg多く含まれています。

なので、認知症を予防するDHAの量の多さとしては、DHAサプリメント「きなり」の方が優れていると言えます。

認知症を防ぐための抗酸化作用のある成分はきなりの方が多い

大正DHA・EPAには酸化を防ぐ成分の数としてはビタミンEの1つのみですが、きなりにはビタミンEとクリルオイル(アスタキサンチン)の 2つの成分があります。

抗酸化作用があることで、認知症を予防するDHAの酸化を防ぎ、DHAが過酸化脂質になることを防ぎます。

認知症を間接的に防ぐ抗酸化作用のある成分の数はきなりの方が多いため、認知症を防ぐサプリメントとしてはきなりの方が優れています。

DHA・EPA以外に認知症に対して有効な成分はきなりの方が多い

(↑大正DHA・EPAの成分表 ↓きなりの成分表)

大正DHA・EPAにはDHA・EPAしか認知症に対して有効な成分が含まれていませんが、きなりにはDHA・EPA以外にも以下のような認知症に対して有効な成分が含まれています。

  • クリルオイル(アスタキサンチン)・・DHA・EPAの酸化を防ぐ
  • ナットウキナーゼ・・血栓を防ぐことで高血圧を改善
  • DPA・・EPAの10倍もの血液サラサラ効果
  • ビタミンB類・・脂質や糖質を代謝して高血圧を防ぐ

高血圧を防ぐことで、認知症の1つである血管性認知症を防ぐことができます。

つまり、大正DHA・EPAよりもきなりの方が脳血管性認知症を防ぐ成分が多いため、認知症防ぐサプリメントとしては、きなりの方が優秀です。

【認知症予防サプリメントときなりの効果比較】アメリカの認知症予防サプリメント「美健知箋EPA&DHA」よりも、きなりのほうが認知症に効果がある

認知症に有効な成分がきなりの方が多い

美健知箋EPA&DHAにはDHA・EPAしか認知症に対して有効な成分が含まれていませんが、

きなりにはDHA・EPA以外にもクリルオイル(アスタキサンチン)やナットウキナーゼやDPAなどが含まれます。

主に、高血圧を下げる効果のある成分がDHA・EPA以外に含まれているので、脳血管性認知症の改善が期待できます。

つまり、きなりの方が脳血管性認知症に対して有効な成分の数が多いため、美健知箋EPA&DHAよりもきなりの方が優れています。

酸化を防ぐ成分の数はきなりの方が多い

美健知箋EPA&DHAにはDHA・EPAの酸化を防ぐために、ビタミンEしか含まれていませんが、

きなりには、ビタミンEに加えて、強い抗酸化作用のあるクリルオイル(アスタキサンチン)が含まれています。

特にクリルオイル(アスタキサンチン)は細胞の内側と外側から酸化を守るため、他の成分よりも強い抗酸化作用が期待できます。

DHAは酸化に弱く、酸化すると脳神経細胞を活性化させる働きが失われてしまいます。

なので、抗酸化作用は間接的に認知症を改善するのに役立っており、DHAサプリメント「きなり」の方が抗酸化作用のある成分が数多く含まれているので、認知症予防するために優れてるといえます。

市販の認知症予防する薬ときなりの効果比較

【市販の認知症予防薬ときなりの効果比較】市販の認知症予防サプリメント「DHCのDHA・EPAサプリ」よりも、きなりのほうが認知症に効果がある

DHCのDHA・EPAは市販の薬局やドラッグストアやコンビニで1000円前後で購入できるサプリです。

市販で売ってるので手軽に購入できることが強みですが、認知症を予防する効果という観点ではきなりには大きく劣ってしまいます。

というのも、DHCのDHA・EPAサプリにはDHA・EPAしか認知症に有効な成分がありませんが、

きなりにはDHA・EPA以外にもクリルオイル(アスタキサンチン)やナットウキナーゼやDPAなど、脳血管性認知症を防ぐ成分の種類がかなり多くあります。

このように、市販で売られてる認知症サプリときなりを比べると、DHAサプリメント「きなり」の方が認知症を改善する効果は高いと言えます。

▼認知症予防サプリのおすすめはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりの認知症の予防効果】認知症の症状を予防するために、きなりだけでなく、運動や食生活も改善したい

認知症を予防するために「きなり」以外でしたいこと①:認知症になりやすい環境から離れる

認知症の原因の1つにストレスが挙げられます。

人間がストレスを受けてしまうと、脳内でホモシステイン酸という物質が出てきます。

ホモシステイン酸には、認知症の原因であるアミロイドβを脳神経細胞に送る作用があるので、このホモシステイン酸は認知症を助長させてしまいます。

つまり、ストレスをよく感じてしまう環境にいると、認知症の原因物質が運ばれやすくなり、認知症のリスクが高まってしまいます。

ストレスを防ぐためには、認知症になりやすい環境、つまり、ストレスの少ない環境で移動することが大切です。

ストレスの少ない環境に移動すれば、ホモシステイン酸の分泌が減り、認知症の原因物質であるアミロイドβが脳神経細胞に運ばれにくくなります。

DHAサプリメント「きなり」の摂取と同時に、ストレスの少ない環境へ移すようにしましょう。

認知症を予防するために「きなり」以外でしたいこと②:筋トレ

認知症対策に「強めの筋トレ」 記憶力改善に効果|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

MCIとは軽度認知症のことであり、上のグラフは、筋トレをする一般的な健康な人と筋トレをする軽度認知症の方の記憶力の経過を見ると、どちらも記憶力の向上につながっているのがわかります。

なので、筋トレは認知症に効果があると言えます。

認知症対策に「強めの筋トレ」 記憶力改善に効果|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

筋トレをすることで、普段使われなかった脳の部分が筋肉に神経を通して司令を与えるので、神経細胞が活発になることで認知症を防ぎます。

DHAサプリメント「きなり」を摂取した上で、認知症予防のために筋トレも一緒にやりたいですね。

認知症を予防するために「きなり」以外でしたいこと③:ココナッツオイルは認知症に効果なしなのか?

ココナッツオイルが認知症に有効だとされるのは、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が脳の栄養素になるから

ココナッツオイルには脳の栄養源を作る中鎖脂肪酸が豊富に含まれるので、ココナッツオイルは認知症予防に良いと言われてます。

MCTサロン – 脳の栄養不足を助ける「MCT」

通常、脳の栄養源はブドウ糖でしたが、アルツハイマー型認知症にかかってしまうと、脳の栄養であるブドウ糖が取り込まれにくくなり、脳神経細胞にますます悪影響が出てしまいます。

しかし、ある実験によりケトン体がブドウ糖に変わる脳の栄養源となることが判明しました。

MCTサロン – 脳の栄養不足を助ける「MCT」

このように、中鎖脂肪酸は肝臓にてケトン体に変換されます。

つまり、脳の栄養源であるケトン体を作り出す中鎖脂肪酸を豊富に含まれるココナッツオイルを摂取することで、脳に栄養が行き渡り脳神経細胞が活発化して認知症を防ぎます。

関連商品:DHAサプリメント「きなり」

ココナッツオイルは認知症に効果がないという意見

ココナッツオイルの場合に注意しなければいけないのは、中鎖脂肪酸以外にもいわゆる身体に蓄積しやすい油も含まれているということです。(今野先生コラム「食事で認知症予防」第2回:ココナッツオイルと中鎖脂肪酸と認知症 | 認知症ねっと

ココナッツオイルが認知症に効果がないというのは中鎖脂肪酸以外の油を摂り過ぎてしまうことに由来してます。

ココナッツオイルは認知症に効果がないという意見もありますが、ココナッツオイルの取り方に注意すれば特に問題はありません。

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸以外にも、様々な脂肪成分が含まれており、ココナッツオイル自体を摂りすぎると、体内に脂がたまってしまいます。

体内に脂がたまりすぎると高血圧の原因となり脳血管性認知症を引き起こす恐れがあります。

なので、ココナッツオイルを摂取するときは、量に気をつけないと認知症に対しての効果が少なくなってしまうので気をつけましょう。

認知症を予防するために「きなり」以外でしたいこと④:酢を取るようにする

10倍濃縮の黒酢を0・25%混ぜ込んだエサを、認知症のマウスに最大24週間与え続けた。その後、直径1メートルの円形の水槽に深さ20センチほど水を張り、マウスを入れて、水面下にある足場を見つけさせる実験を実施。普通のエサを食べたほとんどのマウスがたどりつけなかったが、黒酢入りを食べたマウスにはたどりつけたものが多かったという。(マウスに黒酢、認知症の症状を抑制 鹿児島大グループ:朝日新聞デジタル

鹿児島大学の医学部のグループによって行われた実験では、このように酢が認知症に効果があることが実験によって証明されました。

なので、認知症を防ぐためには、DHAサプリメント「きなり」を摂取しながら、食事の際になるべく酢が含まれている食材を食べるようにしましょう。

▼食生活や運動に気を付けながら「きなり」を摂取してみる▼
DHAサプリメント「きなり」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です