【きなりサプリの飲み方】コレステロールを下げるDHA・EPAはいつ飲む

【きなりサプリの飲み方】きなりはいつが飲むべきタイミングなのかを解説

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

きなりサプリを飲むべきタイミングは食後

食後の方が消化器官が活発に動いているからです。

消化器官が活発だと吸収率が上がるので、きなりに含まれる成分の動きも発揮されやすいです。

このように、体内の消化器官の動きを考慮すると、きなりを飲むタイミングによってその働きが変わりますので、なるべく食後にきなりを摂取するようにしましょう。

きなりの摂取するタイミングや時間帯は、消化器官が活発な時

上記でも解説した通り、きなりの摂取タイミングは消化器官が活発な時間帯かどうかでかんがえます。

つまり、きなりのベストな摂取タイミングは時間帯ではなく、消化器官の動き方で考えるのがベストです。

朝はきなりサプリを飲むタイミングではない

朝は消化器官の動きがまだ活発ではないからです。

朝ごはんがたくさん食べれないのは消化器官がまだ完全に起きていない状態だからというのと同じように、朝は消化吸収が悪い時間帯です。

朝のタイミングできなりを飲んでも働きは発揮されますが、なるべくであれば朝は避けて消化器官が活発に動く他の時間帯に摂取することをお勧めします。

昼はきなりサプリを飲むタイミングとしては有効

朝はまだ体が起き上がっていないので消化吸収は悪いですが、お昼頃にはほぼ体が起きがあっているので消化吸収率は朝に比べたら上がってるはずです。

なので、お昼頃にDHAサプリメント「きなり」を摂取するのはタイミングとしてはかなり有効であると言えます。

夜はきなりサプリを飲むのに良いタイミングである

夜も消化器官はまだ活発に動く時間帯なので、夜にきなりを摂取すると体内に吸収されやすくなります。

なので、きなりを摂取するタイミングとしては夜も有効です。

食前はきなりサプリを飲むのに良いタイミング

食前は食後ほど良いタイミングとは言えませんが、きなりの食前摂取も摂取タイミングはとしては有効です。

食前にきなりを摂取し、その後に消化器官の中に食べ物が入ることで消化液を分泌し、消化器官の動きが活発化します。

それゆえ、食前に飲んだきなりは消化液によって溶かされて体内に吸収されるスピードが上がります。

なので、きなりを食前に飲むのは摂取するタイミングとしてはアリです。

寝る前はきなりサプリを飲むタイミングとしては適さない

寝る前は消化器官の動きが休み始めるタイミングなので、吸収率が悪くなります。

吸収率が悪いとDHAサプリメント「きなり」の働きも下がってしまう可能性があります。

なので、寝る前にきなりの摂取は避けて、日中や夜に飲むようにしましょう。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりサプリの飲み方】コレステロールを下げるDHA・EPAサプリ

きなりサプリの飲み方①:用法容量を守る

きなりの飲み方では用法容量を守ることがとても大切です。

きなりに含まれる成分は、厚生労働省によって摂取すべき推奨量というのが決まっています。

例えばきなりに含まれるDHA・EPAは1日1000mgが厚生労働省の推奨摂取量です。

逆に、これ以上摂取しても効き目は得られないどころか体に悪影響及ぼしてしまう可能性があります。

きなりの公式サイトによると1日4粒が正しい用法容量です。

なので、 1日4粒を守って毎日摂取するようにしましょう。

きなりサプリの飲み方②:水以外で摂取しないこと

きなりを摂取するときの飲料で、お茶やジュースなど水以外の飲料で飲まないようにしましょう。

というのも、水以外だと余計な成分が混じっているため、きなりの効き目を阻害してしまう可能性があるからです。

逆に、水だと余計な成分が入っていないので、きなりの働きを邪魔することなくスムーズに体内で届けることができます。

なので、きなりを摂取するときは水、もしくは、ぬるま湯で摂取することをお勧めします。

きなりサプリの飲み方③:消化器官が活発に動いてるタイミングで飲む

上記でも解説しましたが、消化器官が活発に動いてる時間帯にきなりを摂取すると、体内への吸収率が上がります。

体内の吸収率が上がることで、きなりの働きが発揮されやすくなります。

つまり、消化器官が活発に動いているタイミングでDHAサプリメント「きなり」を摂取することで、コレステロールや脳への働きがよりいっそう高まります。

きなりサプリの飲み方④:きなりサプリに頼るだけでなく、運動をしたり食生活も見直す

いくらコレステロールや脳に良い影響のあるきなりを毎日摂取し続けたとしても、

食生活が体に悪いものばかりだったり、運動全くしないと、体に変化が現れる事はありません。

きなりを摂取しているからといって何食べても良いわけではありません。

きなりを飲み始めるのをきっかけとして、これまでの食生活や運動状況を見直して改善することも大切です。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりサプリの飲み方】コレステロールを下げるDHA・EPAが含まれる、きなりサプリの飲みやすさの理由

きなりサプリの飲みやすさの理由①:1日4粒を飲むだけなのでお手軽

きなりが飲みやすい理由の1つに、 1日4粒飲むだけというお手軽感が人気を呼んでます。

病院で処方される薬とは違って、飲むタイミングは良い意味でも悪い意味でも自由です。

このように、 1日4粒という少量のサプリを自分の好きなタイミングで飲めるという点が、きなりの飲みやすさを支えてる理由の1つになります。

きなりサプリの飲みやすさの理由②:オレンジパワーが配合されてるので魚臭くない

DHA・EPAサプリは魚から摂取されるため、どうしても魚臭さが残ってしまうのが難点です。

きなりにもDHA・EPAが含まれているので、飲む時に魚臭くないかどうかが心配しがちです。

しかし、きなりには魚臭さを解消するために、オレンジパワーが配合されています。

このオレンジパワーによってきなりには魚臭さがなく、むしろオレンジの香りがするので、きなりは毎日無理なく飲み続けられます。

きなりサプリの飲みやすさの理由③:DHA・EPA以外にもクリルオイル(アスタキサンチン)やナットウキナーゼなど、コレステロールを下げる成分が一つのきなりサプリにつまっている

コレステロールや脳に働きがあるサプリというと、DHA・EPAしか入っていないサプリが大半を占めますが、

きなりはDHA・EPAが含まれている事はもちろん、クリルオイル(アスタキサンチン)やナットウキナーゼなど、DHA・EPA以外の成分でもコレステロールや脳への働きを発揮します。

なので、きなりと同じ効き目を他のDHA・EPAサプリで出そうとすると、クリルオイル(アスタキサンチン)が含まれたサプリやナットウキナーゼが含まれたサプリも飲まなければなりません。

このように考えると、きなりはDHA・EPAはもちろん、その他のコレステロールや脳に対して有効な成分を、1つのサプリから摂取できるという点が、他のDHA・EPAに比べて飲みやすさが優れています。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりサプリの飲み方】コレステロールを下げるDHA・EPAサプリと一緒に飲むべき飲料

きなりサプリは水と一緒に飲もう

きなりは水と飲むようにしましょう。

水には、お茶やジュースと違って、きなりに生まれる成分を邪魔する要素がはるかに少ないです。

きなりの成分の働きを正しく発揮するためには、体内できなりの成分をなるべくそのまま届けることも大切です。

なので、きなりの効き目を阻害しないよう、必ず水で摂取するようにしましょう。

きなりサプリはぬるま湯と一緒に飲もう

ぬるま湯でメリットは、DHAサプリメント「きなり」の成分を邪魔する成分が含まれていないと言う理由もありますが、

1つの中は水に比べて溶けやすいという理由です。

ぬるま湯なので、体温に近い温度なので、体内に入ったときにストレスを感じさせることなくスムーズに吸収できます。

なので、きなりはぬるま湯で摂取することもお勧めです。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりサプリの飲み方】コレステロールを下げるDHA・EPAサプリは毎日飲みましょう

きなりサプリを飲む回数

きなりを飲む回数は1日4粒ですが、 1日4粒を守れば、回数を分けても問題はありません。

4粒一気に飲んでも問題はありませんが、体内への負担や吸収率を考慮すると、 4粒分けて飲むのも良いかもしれません。

きなりサプリの摂取量について

きなりサプリは1日何粒飲むべき

きなりの公式サイトによると1日4粒が正しい飲み方です。

注意したいのが、4粒以上飲んでも、効き目が強まるわけではないということです。

きなりを4粒以上飲んでしまうと過剰摂取になり、かえって体に悪影響及ぼしてしまう可能性があります。

なので、DHAサプリメント「きなり」は1日4粒飲むようにしましょう。

きなりサプリの公式サイトによると1日4粒が正しい飲み方

このように、、1日4粒がきなりの正しい飲み方です。

普段の食事でDHA・EPAがかなり少ない方はきなりは1日8粒飲んでも大丈夫

上記では、きなりは 1日4粒を守りましょうと書きましたが、1つ例外があります。

それは、普段の生活で極端にDHA・EPAの量が少ない時です。

厚生労働省が定めたDHA・EPAの推奨摂取量は1日1,000ミリグラムです。

日本人は普段の食事からDHA・EPAを平均で 500ミリグラムほどとっているので、 1日もう500ミリグラムDHA・EPAの摂取が足りないとされています。

きなりにはDHA・EPAが約 500ミリグラム含まれていますが、普段の食事でもDHA・EPAを500ミリグラムも取れていない方は、よりDHA・EPAを摂取する必要があります。

なので、普段の食事からDHA・EPAがあまりに少ない方は、きなりを1日8粒のんでも大丈夫です。

きなりサプリは分けて飲んでもOK

上記でも解説しましたが、 1日4粒と言う用法容量を守れば、きなりは1日に複数回分けて飲んでも大丈夫です。

きなりサプリを分けて飲むタイミング①:昼食後

きなりを分けて飲むお勧めの飲み方として、昼食後にまずは2粒飲むことをお勧めします。

昼食後だと、体内の消化器官が活発に動いてる状態なので、吸収率が良いです。

また、 4粒でなく2粒と個数もその分少ないので、吸収されやすいです。

きなりサプリを分けて飲むタイミング②:夕食後

もう2粒目のベストなタイミングは夕食後です。

夕食後だと、昼食の後と同様にに消化器官の動きが活発になります。

なので、夕食を食べたらDHAサプリメント「きなり」を2粒取るようにしましょう。

きなりサプリを飲むタイミングとしてふさわしくないのは朝食後

朝食後は、確かに消化器官の動きが活発になる時間帯ですが、起きたばかりなので、昼食や夕食後と比べると吸収率が悪いです。

なので、朝食後に飲むのではなく、昼食後夕食後に飲むようにしましょう。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりサプリの飲み方】コレステロールを下げるDHA・EPAサプリの摂取量について

DHA・EPAの1日に必要な推奨量は1000㎎

3 脂質 – 厚生労働省

厚生労働省によると、DHA・EPAの1日に必要な摂取量は 1,000ミリグラムです。

このように、日本の国家機関がDHA・EPAの摂取すべき量を定めているので、この量よりも少なくても多くてもDHA・EPAの働きは発揮されにくいです。

きなりは1日分のDHA・EPAを摂取することができる

日本人の通常の食事から取れるDHA・EPAの量は500ミリグラムです。

そして上記でも説明した通り、DHA・EPAの 1日の推奨摂取量は1,000ミリグラムなので、日本人は平均して500ミリグラムのDHA・EPAが足りてないということになります。

しかし、きなりにはDHA・EPAが500ミリグラム含まれています。

つまり、きなりを摂取することで1日の不足しているDHA・EPAの 100ミリグラム分を補うことができます。

きなりサプリの飲み方】コレステロールを下げるDHA・EPAサプリの副作用について

きなりサプリの飲み過ぎ・摂りすぎ・過剰摂取が副作用を起こす

【きなりサプリによる副作用・害】きなりサプリはカロリーは低いので太らない

きなりは魚の脂を使っているのでカロリーが高いのではないかと心配する方がいるかもしれません。

しかし、DHAサプリメント「きなり」のカロリーはたったの13.05kcalです。

厚生労働省によると、成人が1日に必要なカロリーは2,000〜2,500kcalです。

このようにしてみると、きなりのカロリーは1日に必要なカロリーの約190分の1なので、その可能性は低いと言えます。

【きなりサプリによる副作用・害】蕁麻疹はあまりでない

きなりを摂取すると、よく蕁麻疹が出るのではないかと言う懸念の声を聞きますが、現在のところ、きなりによる蕁麻疹の報告はされていません。

しかし、体質よっては、蕁麻疹が出ない可能性がゼロとは言えません。

なので、蕁麻疹がよく出る体質の方は、きなりを摂取するときは少量から少しずつ摂取することをお勧めします。

また、場合によってはかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

【きなりサプリによる副作用・害】きなりサプリの過剰摂取で吐き気を催す

きなりを過剰摂取すると、消化器官に負担がかかり吐き気を催してしまう可能性があります。

特に、きなりの過剰摂取により胃に負担がかかり、体が異物を外に出す防御反応として吐き気を起こさせます。

DHAサプリメント「きなり」は用法容量守って過剰摂取しないようにしましょう。

【きなりサプリによる副作用・害】きなりサプリの過剰摂取が下痢を引き起こす

きなりをとりすぎてしまうと、お腹がゆるくなってしまう可能性があります。

きなりは普段食べているものでは無い為、大量に取りすぎると、消化器官に負担をかけるため、早く体を外に出そうと言う動きが強まってきます。

その結果、下痢を引き起こすことになるので、用法容量守って正しく摂取するようにしましょう。

【きなりサプリによる副作用・害】きなりサプリの過剰摂取が腹痛を引き起こす

よく食べ過ぎでお腹が痛くなるのと同様に、きなりの過剰摂取で腹痛が起きてしまう可能性があります。

腹痛になってしまうと、下痢を引き起こしたり、吐気を催したりと副作用が広がってしまう恐れがあります。

必ず用法容量を守って摂取するようにしましょう。

【きなりサプリによる副作用・害】きなりサプリによる眠気の誘発は確認されてない

きなりによる眠気の誘発が懸念されることを聞きますが、

きなりによってなくなってしまうという報告は現段階ではされていません。

しかし、念のため、ドライブ前など眠くなってはいけない状況の前に、きなりを摂取しないようにしましょう。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりサプリの飲み方】コレステロールを下げるDHA・EPAサプリと一緒に飲んではいけない飲み合わせ

DHA・EPAを含むきなりサプリと飲み合わせてはいけない薬・錠剤

きなりサプリと飲んではいけない飲み合わせ①:降圧剤

降圧剤はの人に、血液の圧力を下げるために処方される薬のことです。

この薬と血液の圧力を下げる働きのあるDHA・EPAを同時に摂取してしまうと、血液の圧力が下がりすぎてしまいます。

血液の圧力が下がりすぎてしまうと血の流れが良くなりすぎて、出血したときに血が止まらなくなってしまいます。

なので、降圧剤とDHA・EPAが含まれるきなりは一緒に取らないようにしましょう。

きなりサプリとノルバスクは一緒に飲んではいけない

ノルバスクとは

カルシウム拮抗剤で、細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。
通常、高血圧症、狭心症の治療に使用されます。(くすりのしおり

ノルバスクは血液の圧力を下げる薬の一種です。

降圧剤としては多くの方に使われた実績がありますが、DHAサプリメント「きなり」との飲み合わせはしないほうがいいです。

きなりにも血液の圧力を下げる働きがあるので、同時に摂取してしまうと、血がサラサラしすぎてしまい、出血時に血が止まらなくなる恐れがあります。

なので、きなりとノルバスクを同時に摂取するのは控えましょう。

きなりサプリとアダラートは一緒に飲んではいけない

アダラートとは

心臓や血管が収縮する原因となるカルシウムイオンの細胞内への流入を抑制することで、冠血管を拡張し、全末梢血管抵抗を減少させ、抗高血圧作用と抗狭心症作用をあらわします。通常、高血圧症や狭心症などの治療に用いられます。(くすりのしおり | 検索結果詳細

アダラートも血液の圧力を下げる降圧剤の一種です。

なので、血液の圧力を下げる動きのあるきなりとは相性が悪いです。

DHA・EPAを含むきなりとアダラートを一緒に摂取してしまう、血液の圧力が下がりすぎてしまうため、飲み合わせには注意が必要です。

きなりサプリと飲んではいけない飲み合わせ②:ワーファリン

ビタミンKの働きを抑えて血液を固まりにくくし、血栓ができるのを防ぎます。
通常、静脈血栓症、心筋梗塞症、肺塞栓症、脳塞栓症、脳血栓症などの治療や予防に用いられます。(くすりのしおり | 検索結果詳細

ワーファリンはこのように血栓の生成を防ぐことで、血液の圧力を下げて心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病を予防する薬です。

これに対して、きなりにも血栓が作られるのを防ぐナットウキナーゼが含まれています。

つまり、ワーファリンときなりを同時に摂取すると、血栓に対する効き目が強まりすぎて、血液の圧力が下がりすぎてしまいます。

血液の圧力が下がりすぎると、出血時に血が止まらなくなるなどの悪影響あるので、DHAサプリメント「きなり」とワーファリンの飲み合わせには気をつけたいです。

きなりサプリと飲んではいけない飲み合わせ③:抗血栓薬

抗血栓薬は血の塊である血栓が作られるのを防ぎ、血栓を防ぐ働きのあるワーファリンと似ています。

血管の中の血栓ができにくくなるので、血液の圧力を下げる働きがあります。

きなりにも中性脂肪を分解して血液の圧力を下げる働きがあるので、抗血栓薬と一緒にきなりを飲んでしまうと血液の圧力が下がりすぎて、疲れやすくなったりと悪影響が出てしまいます。

なので、抗血栓薬ときなりは同時に飲まないようにしましょう。

きなりサプリと飲んではいけない飲み合わせ④:昇圧薬

昇圧薬とは、血液の圧力の低い方に向けて出される薬のことです。

しかし、きなりには血液の圧力を下げる働きがあるので、昇圧薬とは対照的です。

つまり、昇圧薬ときなりを同時に摂取してしまうと、血液の圧力の上げと下げがぶつかって打ち消しあってしまいます。

そうなってしまうと飲んでる意味がなくなってしまうので、昇圧薬ときなりは同時に飲まないようにしましょう。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

 きなりサプリと一緒に飲み合わせてはいけないサプリメント同士

【サプリメント同士の飲み合わせ】きなりサプリとはキトサンサプリと一緒に飲まないほうがいい

キトサンはカニなどの甲殻類から抽出された水に溶けづらい食物繊維のことです。

キトサンは食物繊維の1種なので、コレステロールや中性脂肪を下げる働きがあるので相性が良いのでは?と思いがちですが、

水に溶けにくい食物性なので、消化器官で一緒にDHA・EPAを外に排出してしまう恐れがあります。

そうなってしまうとDHA・EPAの効き目を阻害してしまうことになるので、実は相性が悪いです。

なので、DHAサプリメント「きなり」を摂取する時はキトサンと一緒に飲まないようにしましょう。

【サプリメント同士の飲み合わせ】きなりサプリはβカロチンサプリと一緒に飲まないほうがいい

DHA・EPAなどの脂肪酸はβカロチンの働きを抑える動きが確認されています、

なので、βカロチンを含むサプリをDHA・EPAを一緒に摂取してしまうと、DHAの認知症に対する働きが薄れてしまいます。

なので、βカロチンが含まれているサプリときなりの組み合わせは避けたほうが無難です。

きなりサプリと一緒に飲み合わせてはいけない飲料

お茶と一緒にきなりサプリは飲まないこと

お茶に含まれるタンニンがDHA・EPAサプリである、きなりの吸収を妨げる恐れがあります。

そのため、タンニンが豊富に含まれてるお茶ときなりを一緒に摂取してしまうと、きなりの成分の効果を阻害してしまう可能性があります。

なので、きなりを飲むときにお茶と一緒に飲まないようにしましょう。

コーヒーと一緒にきなりサプリは飲まないこと

コーヒーに含まれるカフェインが、きなりサプリの吸収を妨げる恐れがあります。

というのも、カフェインはあらゆる成分とくっつく性質があるため、DHA・EPAとカフェインがくっついてしまいDHA・EPAの効き目が失われてしまうからです。

なので、きなりを飲むときはコーヒーで飲まないようにしましょう。

牛乳と一緒にきなりサプリは飲まないこと

牛乳のアルカリ性が、酸性の胃酸の働きを中和する働きがあります。

よく、胃が痛い時に牛乳を飲むと良いと言われるのは、胃酸を抑える作用があるからです。

胃酸の働きを抑えてしまうと、きなりに含まれる成分の吸収率が下がってしまい、効き目が半減してしまう恐れがあります。

なので、DHAサプリメント「きなり」は牛乳で飲まないようにし、必ず水で摂取するようにしましょう。

ジュースと一緒にきなりサプリは飲まないこと

ジュースには水と違って様々な成分がたくさん含まれています。

つまり、ジュースに含まれている成分の数だけ、きなりの成分の効き目を阻害する可能性が高いということです。

なので、きなりを摂取するときはジュースと一緒に飲まないようにし、必ず水で飲むようにしましょう。

きなりサプリと共に飲み合わせてはいけない食事

不水溶性食物繊維を多く含む食事はきなりサプリと相性が悪い

不水溶性食物繊維とは、水に溶けにくい食物繊維のことです。

不水溶性食物繊維の主な働きは、有害な物質を体外排出することです。

水に溶けず固形で存在するため、消化器官内で不水溶性食物繊維が動くときに、一緒に有害物質を絡め取りそのまま対外へ排出されるという仕組みです。

DHA・EPAは有害物質では無いですが、不水溶性食物繊維に絡め取られる性質があります。

つまり、不水溶性食物繊維がDHA・EPAを対外へ排出させてしまいます。

きなりと飲み合わせない方がいい不水溶性食物繊維の食事の例

不水溶性食物繊維が多く含まれる食品は、おから・しいたけ・舞茸・切り干し大根・干し柿・あずき・ごまなどです。

これら不水溶性食物繊維が多く含まれる食品ときなりは一緒に摂取しないようにしましょう。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりサプリの飲み方】コレステロールを下げるDHA・EPAサプリはどうして魚臭いのか

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)は魚臭さを消す成分・工夫が入ってるサプリを選ぶ

DHA・EPAサプリは魚から摂取されるので、どうしても魚臭さが出てしまいます。

なので、通常のDHA・EPAサプリだと魚臭くて飲みづらい場合があります。

なので、DHA・EPAサプリは魚臭さ対策がしっかりと施された「きなり」のようなサプリを選ぶようにしましょう。

DHA・EPAサプリの魚臭さは体にでてこない

よく、「DHA・EPAサプリは魚臭い印象があるけど、摂取したことにより体に魚臭さが出ないか心配」という声をよく聞きます。

しかし、結論を言うと、DHA・EPAサプリの魚臭さが体に現れる事はありません。

もし可能性があるとすれば、魚臭さのあるDHA・EPAサプリを飲んだ直後に口のにおいとして魚臭さが出てしまうなどです。

DHA・EPAサプリによって魚臭さが体に現れてしまうという事はありませんのでご安心ください。

きなりサプリはオレンジ香料配合なので魚臭さが全くない

きなりにはオレンジパワーが配合されており、これは魚臭さを消す力があるので、きなりには魚臭さは感じません。

魚臭さを感じないと言うのは、毎日飲むサプリにおいては、とても重要なことです。

きなりは魚臭さを全く感じないので、飲みやすいサプリとなっています。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりサプリの飲み方】きなりに含まれる成分の吸収メカニズム

きなりサプリの力を最大限高めるためには、きなりに含まれる成分の吸収メカニズムを知っておくことも大切です。

吸収のメカニズムを知っておくことで、「どのタイミングできなりを飲めば良いのか?」についてのヒントとなります。

きなりサプリに含まれるDHA・EPAの吸収メカニズム

体内に取り込まれたDHA・EPAは 1に入り、小腸から肝臓へと取り込まれます。

そして、肝臓にて中性脂肪を分解する効き目を発揮します。

そのため、いや小腸などの消化器官が活発の時間にDHA・EPAを摂取すると、より早く肝臓に届けることができて、中性脂肪の分解を促進します。

なので、DHA・EPAサプリのきなりはは食後に飲むことを指します。

きなりサプリに含まれるクリルオイル(アスタキサンチン)の吸収メカニズム

クリルオイル(アスタキサンチン)は体内に取り込まれる、承知でから肝臓へ渡ります。

きなりにおけるクリルオイル(アスタキサンチン)の大きな特徴は、DHA・EPAの酸化を守ることなので、DHA・EPAを摂取するタイミングでクリルオイル(アスタキサンチン)を一緒に摂取したいです。

そのため、DHA・EPAもクリルオイル(アスタキサンチン)も入っているきなりがオススメです。

きなりサプリに含まれるナットウキナーゼの吸収メカニズム

ナットウキナーゼは、体内に入ると、省庁から肝臓へ行き渡り、そして全身の血にめぐり渡って、血栓を減らしていきます。

ナットウキナーゼも消化器官の小腸から肝臓へ運ばれ全身の血液をめぐるので、消化器官が活発に動いている時間帯に摂取すると飲むタイミングとしてはベストです。

そのため、きなりに含まれるナットウキナーゼの働きを最大限に発揮するためには、食後に摂取することが大切です。

きなりサプリに含まれるビタミンEの吸収メカニズム

ビタミンEは脂溶性なので、油を含む食材等と一緒に摂ることで吸収率を上げることができます。

きなりにはビタミンEが含まれているため、なおさら、油の入った食事の後にビタミンEを摂取した方が良いです。

この時に注意したいのが、ビタミンEがいくら油に溶けやすい性質だからと言って、こってりした商品ばかりを食べてたほうがいいと言うわけではありません。

あくまで、普通の食事の範囲内で油を摂取するようにしましょう。

きなりサプリに含まれるビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6の吸収メカニズム

きなりに含まれるビタミンB類は水溶性です。

ビタミンBは吸収される、肝臓へ向かい、肝臓内にて、脂質・タンパク質・糖質をエネルギーに変える働きをします。

きなりに含まれるビタミンB類は水溶性なので、体内に水分量が多くなる食後に摂取するとベストです。

【きなりサプリの飲み方】きなりを飲む際に知っておきたいα-リノレン酸サプリの摂取量

α-リノレン酸はコレステロールを下げてくれる

α-リノレン酸はDHA・EPAとよく似た仲間なので、DHA・EPAとその働きもよく似ています。

現に、αリノレン酸の 10%は体内でDHA・EPAに変換される性質を持っています。

そのため、DHA・EPAがコレステロールを下げる働きがあるなら、α-リノレン酸にもコレステロールを下げる働きがあるということです。

α-リノレン酸の一日の摂取量

厚生労働省を見ると、α-リノレン酸の推奨摂取量は1日1,000〜1,200mgです。

厚生労働省がこの数値を定めているため、これよりも多くても少なくてもダメです。

用法容量守れば厚生労働省の規定の量を外す事は無いので、必ず用法容量守って摂取しましょう。

きなりサプリはα-リノレン酸の含有量が多い食品と食べたい

α-リノレン酸の多い食品:えごま油

えごまとはシソの葉っぱの仲間です。

このシソの葉っぱから取れた油がえごま油となります。

えごま油にはα-リノレン酸が豊富に含まれている食材としてかなり有名です。

加熱してしまう、α-リノレン酸が酸化してしまうとコレステロールを下げる働きが半減してしまうため、サラダのドレッシングなので使うようにしましょう。

α-リノレン酸の多い食品:亜麻仁油

亜麻仁とは、アマという葉っぱから取れる油のことです。

この亜麻仁もコレステロールや中性脂肪を下げるα-リノレン酸が豊富に含まれていることで有名な成分です。

こちらも加熱してしまうとα-リノレン酸が酸化してしまうので、炒め物や揚げ物の料理に使わず、常温で摂取するようにしましょう。

α-リノレン酸の多い食品:くるみ

くるみのオメガ3脂肪酸|カリフォルニア くるみ協会

くるみはナッツ類の中で、オメガ3の1つであるα-リノレン酸が1番多く含まれている食材です。

くるみに含まれるα-リノレン酸はコレステロールや中性脂肪を下げる働きがあります。

なので、きなりの摂取と同時にくるみを食べるように普段から心がけると、体内によりα-リノレン酸を取り込むことができるので、きなりの成分と相まって、生活習慣病をより防ぐ要因となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です