【きなりのダイエット効果】DHA・EPAには痩せる効果がある口コミ

【きなりのダイエット効果】きなりがダイエットにオススメな理由

 

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

きなりのダイエット効果①:豊富なDHA・EPAが太る原因である中性脂肪を分解する

太ってしまうのは体に中性脂肪がたまっているからです。

そんな中性脂肪を下げるのに効果的な成分が、油に多く包まれているDHA・EPAです。

DHA・EPAには中性脂肪分解する作用があるため、ダイエット効果を見込むことができます。

DHA・EPAが豊富に含まれているサプリであるきなりを摂取することで、中性脂肪を燃やしてダイエット効果を見込むことができます。

きなりのダイエット効果②:DHA・EPA以外にもダイエット効果のある成分が豊富

きなりには、中性脂肪を減らす効果のある成分はDHA・EPAだけではありません。

  • クリルオイル(アスタキサンチン)・・中性脂肪を分解する効果
  • DPA・・中性脂肪を分解する効果
  • ナットウキナーゼ・・血の塊である血栓を抑制することで血中に中性脂肪をためにくくする
  • ビタミンB類・・中性脂肪を燃やして代謝を良くする

このように、DHA・EPA以外にもダイエット効果を見込むことができる成分が多数含まれています。

きなりは、複数の成分からダイエット効果へとアプローチできるのが大きな強みです。

きなりのダイエット効果③:クリルオイル(アスタキサンチン)とビタミンEがDHA・EPAの酸化を防ぐことで吸収率を上げる

DHA・EPAは酸化に弱い性質があります。

DHA・EPAが酸化してしまうと、中性脂肪を燃やす効果が半減してしまいます。

そのため、DHA・EPAには酸化対策が必ず必要なりますが、きなりには抗酸化作用のあるクリルオイル(アスタキサンチン)とビタミンEが含まれています。

どちらも抗酸化作用のある成分としては有名ですが、特にクリルオイル(アスタキサンチン)の方は酸化を防ぐ効果のある成分としては1番強いことで有名です。

このように、きなりには2つの成分でDHA・EPAの酸化を徹底的に防ぐ工夫がされており、DHA・EPAの中性脂肪を下げる効果を最大限にサポートします。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりのダイエット効果】きなりの痩せる・減量効果の口コミ

たけしの番組でDHA・EPAがダイエットに良いというのを見てきなりを飲み始めました。
2ヶ月飲み始めて運動も順調にしたところ-3kg!、目標-5kgまでがんばります!! T・U様 30代(引用

11日間飲んでLDL-Cの数値が10減りました!
毎日夕飯後に4つ飲みました。二日間夕飯を食べれなかったときも服用しました。運動は普段全くしません。仕事が不規則なため、栄養がかたよりのんでみました。もう少し続けてみようと思いました。(引用

おかげで不安が消えました。5年前から脂肪多めが気になって、今回きなりを試してみたらとても良かったです。朝からスッキリで、毎日が今まで以上に楽しいです。 K・K様 50代(引用

このように、きなりにダイエット効果を期待する方が多く、実際にダイエットとしての結果も出ている口コミが多いのがわかります。

コレステロールや中性脂肪が減ったという声も多くあり、中性脂肪やコレステロールが減っているということは痩せたことになります。

このような口コミからも、きなりにはダイエット効果があることがわかります。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりのダイエット効果】きなりに含まれる成分の痩せる・減量効果を解説

【きなりのダイエット成分】オメガ3

このように、マウスを使った実験ではオメガ3が含まれている油と含まれていない油を摂取した場合では、

オメガ3が含まれた油を摂取した方が体重が減る変化があり、ダイエット効果があることがわかりました。

オメガ3に含まれる油とはDHA・EPAを豊富に含む魚油です。

つまり、きなりにはオメガ3であるDHA・EPAが豊富に含まれているので、体重を減らす効果を期待することができます。

【きなりのダイエット成分】DHAには痩せる効果はない!?

実は、DHAは脳に対する効果、EPAは血液関係に対する効果があるという違いがあります。

なので太ってしまう原因である中性脂肪やコレステロールを下げる効果があるのはDHAより、EPAの方です。

しかし、DHAはEPAとセットであることが多いのでDHAを取ることはEPAを摂ることと同じなので、脂肪を分解する効果を期待できます。

【きなりのダイエット成分】EPAが中性脂肪を減らす

中性脂肪にEPA。検診結果が気になる方に! | 知られざるEPAのパワー | サラサラ生活向上委員会 | ニッスイ

上記でも解説した通り、きなりに含まれるEPAの方に血中の中性脂肪やコレステロールを減らす効果があります。

実際に上記の画像のように、実験でもEPAの摂取が脂肪を減らすことが証明されています。

ではどのようにしてEPAが脂肪の燃焼をするのかを解説します。

DHA・EPAが脂肪を燃焼する仕組み

(魚油摂取は交感神経を介して、「脂肪燃焼細胞」を増やす-「魚油」の効果で体脂肪燃焼を促す新メカニズムを解明 — 京都大学)

DHA・EPAを摂取すると、ノルアドレナリンが放出されますが、ノルアドレナリンには白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変える働きがあります。

(脂肪の蓄積と燃焼のメカニズム | ダイエット外来(切らない痩身術) | 美容整形、美容外科、美容皮膚科なら聖心美容クリニック)

白色脂肪細胞とは私たちが想像する一般的な脂肪のことで、褐色脂肪細胞は余分なカロリーを熱として放出する働きがあります。

つまり、DHA・EPAによって放出されたノルアドレナリンが脂肪細胞を燃やす働きをするということになります。

このようにDHA・EPAの摂取により脂肪細胞を燃やして太るのを防ぎます。

【きなりのダイエット成分】クリルオイル(アスタキサンチン)

クリルオイル(アスタキサンチン)は南極オキアミから取れた魚油です。

魚油なのでDHA・EPAを豊富に含みます。

つまり、クリルオイル(アスタキサンチン)自体にもDHA・EPAが含まれています。

上記でも解説した通り、DHA・EPAは中性脂肪分解する作用があります。

なので、DHA・EPAを含むクリルオイル(アスタキサンチン)を摂取することにより、中性脂肪が分解されてダイエット効果を生みます。

また、クリルオイル(アスタキサンチン)には抗酸化作用があります。

酸化に弱いDHA・EPAの酸化を防ぎ、中性脂肪を分解する効果をサポートします。

そのため、DHAサプリメント「きなり」に含まれるクリルオイル(アスタキサンチン)の抗酸化作用は、間接的に中性脂肪を下げて、ダイエット効果をもたらしているといえます。

【きなりのダイエット成分】DPA

DPAはDHA・EPAとよく似た成分なので、DHA・EPAと同じく中性脂肪分解する作用があります。

しかし、DHA・EPAと大きな違いがEPAの10倍もの血液サラサラ効果があることです。

血液をサラサラになることにより、血中に中性脂肪がたまりにくくなります。

その結果、中性脂肪が体内に貯まらずダイエット効果をもたらします。

このように、DHAサプリメント「きなり」に含まれるDPAを摂取することで、ダイエット効果をもたらします。

【きなりのダイエット成分】ナットウキナーゼ

きなりに含まれるナットウキナーゼの大きな特徴は、血の塊である血栓を抑制することです。

血栓がなくなることによって、血流を邪魔するものがなくなるので、血流が改善します。

血流が改善されることで、血中に中性脂肪がたまりにくなり、結果的に体内に脂肪がたまりにくくなります。

またナットウキナーゼにより血流が改善されることで、きなりにふくまれており脂質を燃やす働きのあるビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6も体中に届けやすくなります。

つまり、ナットウキナーゼは血流を改善することで、脂肪を体にためにくくし、脂肪を燃やす働きのある成分を体中に届けることで、間接的にダイエット効果を生みます。

【きなりのダイエット成分】ビタミンE

ビタミンEは,フリーラジカル連鎖機構で進行する自動酸化(酸素酸化)反応に対して、抗酸化剤として作用する。

酸化反応を防止するには最初のステップである連鎖開始反応を抑えるか、あるいは連鎖停止反応を速やかに起 こ して連鎖成長反応を抑えることが必要である。即ちフリージカルの発生を抑えるとともに、ラジカルを早く消滅させることが必要である。 ※フリーラジカル⁼他の物質を酸化をさせる成分のこと

ビタミンEお よびその類縁化合物の抗酸化作用 – J-Stage

きなりに含まれるビタミンEには、このようにフリーラジカル(酸化させる物質)の連鎖反応が始まったときに抑える、もしくは、連鎖反応を止める効果を促進して、DHA・EPAの酸化を防ぐ抗酸化作用があります。

DHA・EPAの酸化を防ぐことにより、DHA・EPAの中性脂肪分解する効果を下げることなく体内で届けることができます。

つまり、DHAサプリメント「きなり」に含まれるビタミンEは抗酸化作用により、間接的に中性脂肪を下げるダイエット効果をもたらします。

【きなりのダイエット成分】ビタミンB1

ビタミンB1の特徴は糖質をエネルギーに変えることです。

糖質はビタミンB1の働きによって、エネルギーに変換され、そのエネルギーは体を動かすために使われます。

しかし、糖質を取りすぎてしまうと、肝臓に蓄えられ、やがて中性脂肪へと変わってしまいます。

つまり、糖質を取りすぎてしまうと、中性脂肪が体内に増えてしまうので、太ってしまいます。

きなりに含まれるビタミンB1は糖質をエネルギーに変える性質があるので、体内に脂肪の元となる糖質が蓄えられないため、太るのを防ぐことができます。

【きなりのダイエット成分】ビタミンB2

ビタミンB2は「肌とエネルギー代謝のビタミン」と呼ばれています。

肌においてはビタミンB2は皮膚の再生させたり、粘膜を強化する働きがありますが、ダイエット効果に注目したいのが、エネルギー代謝です。

ビタミンB2は体内の脂質をエネルギーに変える働きがあります。

脂質が増えてしまうと脂肪として溜まってしまうので、太る原因となってしまいますが、

脂質をエネルギーに変える働きがあるビタミンB2を摂取することによって、脂質を溜めにくい体となります。

つまり、きなりに含まれるビタミンB2の摂取により、太りにくい体を作ることができます。

【きなりのダイエット成分】ビタミンB6

 ビタミンB6は、食品中のたんぱく質からエネルギー産生したり、筋肉や血液などがつくられたりする時に働いています。(ビタミンB6 | ビタミン | 栄養成分百科 | グリコ)

ビタミンB6はタンパク質をエネルギーに変える働きがあります。

上記のように、特に筋肉が作られる際にタンパク質が使われます。

そして筋肉がつくと、生きていくために必要な臓器などの運動をするときに必要なエネルギーである基礎代謝を高めることができるんです。

基礎代謝を高めるためには、軽めの運動や筋トレを通して少しでも筋肉を鍛えることが重要です。運動をすることで、消費エネルギーも増えるため減量も期待できます。(エネルギー消費の大半を占めるのは基礎代謝。効果的に上げるには? | POWER PRODUCTION MAGAZINE(パワープロダクションマガジン))

つまり、きなりに含まれるビタミンB6を摂取することにより、タンパク質が筋肉に変えられて基礎代謝を上げるから、脂肪が落ちてダイエット効果が期待できます。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりのダイエット効果】肥満になる原因とメカニズム

肥満の原因①:内臓脂肪が増える

メタボ(メタボリックシンドローム)とは

「メタボリックシンドローム」は、「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、複数の病気や異常が重なっている状態を表します。どういう状態かというと、腸のまわり、または腹腔内にたまる「内臓脂肪の蓄積」によって、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病の重なりが起こっていることを示しています。(メタボリックシンドロームとは:どんなこと? | メタボリックシンドローム・ネット

メタボリックシンドロームとは、皮下脂肪とは違い内臓の周りにつく脂肪のことです。

通常の肥満は皮下脂肪がたまることを指しますが、メタボの場合は内臓につく脂肪のことを指します。

また、もう一つの違いが治療の対象です。

皮下脂肪による肥満は糖尿病や高血圧など血液系に関すること全般ですが、メタボは動脈硬化に焦点を当てています。

いずれにしても、メタボが多くなってしまうことで、肥満の原因となってしまいますので、ダイエットをするためにはメタボも解消することが大切です。

肥満の原因②:中性脂肪が増えてる

中性脂肪が増えているとBMIが高い

肥満の指標(BMI/腹囲) | 検査結果の見方 | 一般財団法人日本予防医学協会ホームページ

BMIとは慎重に見合った体重かどうかを判断する数値のことです。

平均は22になります。

そのため、平均数値である22より高いと肥満気味になってしまいます。

ご自身で上記の画像にある公式でBMIを算出してみて、肥満体系かどうかをチェックしてみましょう。

中性脂肪の数値が100以上だと肥満気味

腹囲・脂質に関する検査項目|あんしんセエメエの健康・長生き学園

このように中性脂肪脂肪を表す数値が高いと、肥満気味ということになってしまいます。

病院で中性脂肪の数値を測った時に100以上だった場合は、きなりなどの中性脂肪を下げるサプリを摂取したり、運動や食生活に気を使うようにしましょう。

肥満の原因③:食生活が悪い

塩分のとりすぎ

塩分を摂りすぎてしまう、体内で水分がなくなってしまうので、水を摂取したときに体内で水をため込んでしまう性質があります。

体内に水を溜め込んでしまうと、むくみとなってしまいます。

むくみになってしまうと言う事は、体内の血液の循環が悪い状態なので、脂肪を燃やす働きである代謝が活発に行われなくなってしまいます。

代謝が行われない、体内の資質を燃やすことができないので、結果的に太ってしまいます。

つまり、塩分を摂りすぎると水分を溜め込むといったむくみ状態になり、代謝が悪くなるので脂肪が溜まってしまい太るという流れになります。

ビールを飲むと中性脂肪が増える

中ジョッキのビールを1杯飲むと約140kcalです。

140kcalというのは、ご飯1膳分にあたります。

つまり、ビールを4、5杯飲むということは、ご飯を5杯分食べているのと同じ計算になります。

ビールは高カロリーなので、飲み過ぎると中性脂肪が溜まってしまい太ってしまいます。

ダイエット効果をより得たいのであれば、きなりの摂取と同時にビールも控えるようにしましょう。

どうしてもお酒を飲みたいなら中性脂肪を抑制するワインを飲もう

アメリカ、インディアナ州パデュー大学のキー・ホン・キム博士は、「ピセアタノールは若い脂肪細胞の成長を妨害し、完全に細胞の成長を抑制する作用が見られます。ピセアタノールは脂肪細胞になる遺伝子の発現や、遺伝子機能、これらを活性化するインスリンの活動を変える働きがあるのです」と説明してます。(これは驚き!赤ワインに「脂肪燃焼の効果」が解明される│NEWSポストセブン

このように、ワインに含まれる成分が、脂肪細胞を作る作用を抑制することが実験によって判明されました。

ワインに含まれるピセアタノールという成分が、若い脂肪細胞の成長を止め、脂肪を作る動きをするインスリンの働きを抑制するという効果があります。

なので、「ダイエットのためにお酒を控えているけど、それでもどうしても飲みたい!」という方はビールではなくワインを飲むようにしましょう。

ただし、きなりサプリとワインを同時摂取してしまうと、きなりに含まれる成分の効果を打ち消してしまう可能性があるので、同時に飲まないようにしましょう。

暴飲暴食が肥満を生み出す

暴飲暴食をしてしまうと、それだけ体内にカロリーや脂肪を取り入れることになります。

体内にカロリーや中性脂肪を取り込みすぎてしまうと、代謝が間に合わず、そのまま体内に蓄積されてしまいます。

つまり、暴飲暴食をすることで、大量のカロリーや脂肪が取り入れられるため、太ってしまいます。

中性脂肪が下がると痩せる効果が出てくる

「中性脂肪を減らすにはどうしたらいいですか」という方におすすめなのが、きなりサプリ

きなりには、中性脂肪を分解する作用であるDHA・EPAが豊富に含まれています。つまり、きなりを摂取することで体内の中性脂肪分解することができます。

一般的に中性脂肪を減らすためには運動をしたり、食生活を改善することが挙げられますが、人によっては、時間がなくて運動ができなかったり、食生活の改善が続かないなどの障壁があります。

しかし、きなりはサプリメントなので、飲むだけです。

飲むだけで中性脂肪を減らす効果を期待できるので、続きやすさという点でも、きなりには大きなメリットがあります。

中性脂肪が下がるにかかる期間は3か月以上

きなりの効果が出始めるのは、公式サイトによると最低でも3ヶ月以上は飲み続けることが必要になります。

つまり、きなりで中性脂肪が下がる効果を得るには、最低でも3ヶ月以上飲み続けなければなりません。

1ヵ月2ヶ月で効果が出ることもありますが、基本的に短期間で効果が出るという事は、それだけ体に大きな負担をかけてしまっていると言うことになり、かえって悪影響与えてしまいます。

なので、中性脂肪を効果的に下げたいのであれば、3ヶ月以上の期間が必要であることを認識しておきましょう。

中性脂肪が下がらない原因

食生活が悪い

体が太ってしまうのは、体内に取り入れる食べ物が高カロリーだったり高脂肪であるからです。

例えば、お菓子を食べすぎていたり、揚げ物を毎日食べていたりなどです。

つまり、食生活が脂っこいものばかりだと中性脂肪を増やしてしまう原因となってしまいます。

中性脂肪を避けたいのであれば、食生活をまず改善しましょう。

運動不足

体内の中性脂肪はエネルギーに変換されることによって、減らすことができますが、中性脂肪がエネルギーに変換されるためには運動を多くしなければなりません。

つまり運動しないと、体内にある中性脂肪を燃やすことができません。

極端な話、いくらきなりを摂取しているからといっても、日常で運動を心がけていなければ、ダイエット効果を得にくくなってしまう可能性があります。

運動不足は中性脂肪が下がらない大きな原因の1つとなります。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりのダイエット効果】きなりと薬とのダイエット効果の比較

【きなりのダイエット効果の比較】①:薬

ダイエットの薬である「ゼニカル」よりもきなりの方が良い

ゼニカルはダイエット効果に強い薬として有名ですが、ダイエット効果にこだわりすぎるのではなく、値段や安全性にもこだわりたいところです。

ゼニカルは確かにダイエット効果は高いですが、値段は7,480円とかなり高額です。

きなりの値段が1,900円前後なので、その差は6,000円も出てしまいます。

加えて、ゼニカルは副作用が強いことで有名です。

ゼニカルの副作用は下痢が出てしまいやすいこと、おならをしたときに便が一緒に出てしまうことです。

(口コミによると、高確率で上記の副作用が出てしまうとのことです。)

このように、効果だけでなく値段や安全性という面でも考えてみると、トータル的なコスパではゼニカルはDHAサプリメント「きなり」よりコスパが悪いといえます。

ダイエットの薬である「サノレックス」よりもきなりの方が良い

サノレックスはBMIが35以上の肥満体形の人に処方される減量治療薬です。

ダイエット効果があるとして有名ですが、効果だけでなく「安全性」や「買いやすさ」なども考えたいところです。

サノレックスの安全性についてですが、サノレックスは脳や自律神経に影響を及ぼすので、動悸・頭痛・吐気など副作用が多いです。

また、サノレックスは通販では買えない。病院の処方が必要になりますので、買いやすさはあまり感じません。

このように、ダイエット効果だけでなく、安全性や買いやすさといったトータル的な面で見ると、サノルックスはDHAサプリメント「きなり」よりもコスパが悪いといえます。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

【きなりのダイエット効果】痩せるためには生活習慣も一緒に見直したい

きなりダイエットと一緒にやりたいこと①:運動・エクササイズ

ダイエットをするために、きなりサプリに頼るだけでなく、運動習慣の見直しをすればより確実にダイエットに成功することができます。

極端な話、いくらきなりを飲んでるとはいえ、運動全くしない生活が続くと、ダイエット効果が出ないどころか、逆に太ってしまう可能性があります。

そのため、確実にダイエット効果を得るためにはきなりの摂取を機会に運動する習慣も身につけたいです。

有酸素運動のダイエット効果

有酸素運動は、溜まった体脂肪を燃やして減量したい方におすすめです。5分や10分でも脂肪燃焼効果は期待できますが、脂肪の分解が高まり、活発に利用されるようになるまでにはある程度の時間がかかるため、20分以上継続して行うとより高い効果が見込めるでしょう。(有酸素運動と無酸素運動の違い | ヘルスケア大学

運動をするということは体を動かすことであり、体を動かすためにはエネルギーが必要です。

なので、有酸素運動は、体内でエネルギーの元となる脂肪を燃やしてエネルギーを消費することになります。

また、有酸素運動は呼吸を意識してより酸素を多く取り入れる運動方法です。

筋肉を動かすためには酸素が必要なので、酸素を多く取り入れるということは、それだけ筋肉を動かすことにつながるので、エネルギー消費増大につながります。

エネルギー消費増大は脂肪の燃焼によって成り立つので、酸素を多く取り入れる有酸素運動は脂肪をより燃やしてくれます。

つまり、脂肪燃焼によるエネルギー排出と酸素による燃焼の2つのアプローチからダイエット効果を得ることができます。

代表的な有酸素運動はランニングやウォーキングです。

きなりのダイエット効果を確実にするためにも、息を大きく吸って吐くことを意識しながら、有酸素運動にも取り組んでみましょう。

無酸素運動のダイエット効果

無酸素運動は筋肉量を増やすのに適した運動なので、引き締まったメリハリボディをつくりたい方におすすめです。酸素を多く取り込まない状態で筋肉にある程度の負荷をかけることから、疲労物質の「乳酸」が溜まりやすく、長時間継続することはできません。短時間のみの運動ということからダイエットに向かないようにも思われますが、筋肉量が増えると基礎代謝が上がるため、寝ているときや普段の生活など、運動をしていないときでも脂肪が燃えやすい(=痩せやすい)体質になることが期待できます。(有酸素運動と無酸素運動の違い | ヘルスケア大学

有酸素運動は体に溜まった脂肪を燃やすというアプローチでダイエット効果を得ますが、無酸素運動の場合は筋肉を増量することで、基礎代謝を上げて脂肪燃やすというアプローチでダイエット効果を得ます。

基礎代謝とは、呼吸など最低限の生命活動をするうえで必要なエネルギー消費のことです。

筋肉が増えると、筋肉を動かすためにそれだけエネルギーを消費しなければならないため、脂肪の燃焼も筋肉がつく前よりも多くなります。

つまり、無酸素運動により筋肉が増大することで、生命活動に使うエネルギーの消費を上げることで脂肪が減るようになります。

無酸素運動の代表的な例が筋トレです。

きなりでダイエットをする方は、有酸素温度と無酸素運動を毎日少しずつでもいいので一緒に続けましょう。

きなりダイエットと一緒にやりたいこと②:食生活の見直し

DHAサプリメント「きなり」を摂取していたとしても、食生活が脂っこいものばかりを食べていれば、ダイエット効果を得られないどころか、かえって太ってしまう可能性があります。

きなりのダイエット効果をより確実にするためにも、食生活の見直しもして行くのがお勧めです。

タンパク質を摂ると筋肉がつきやすい

タンパク質は体を構成する主要な成分の1つです。

特に、筋肉を形成する上では必要不可欠な成分です。

筋肉をつける、体の基礎代謝が上がるので、脂肪燃焼しやすい身体になります。

つまり、タンパク質が含まれてる食品を取ることで筋肉が生成されやすくなるので、脂肪が燃えやすい体を作ることができます。

お茶に含まれるカテキンが脂肪燃焼効果を生む

一定量のカテキンを摂取し続けると、肝臓での脂質代謝が高まり、エネルギー消費が高まるため、体脂肪が減少します。またカテキンを継続的に摂取し続けると、食事性脂肪の燃焼を上昇させ、食事誘発性体熱産生も上昇させます。(食事誘発性体熱産生とは食後の消化・吸収の際に使われるエネルギーのことです。)
カテキンの種類と効果と摂取量 | 健康長寿ネット

このように、カテキンを摂取することにより、肝臓で脂肪を燃焼する動きが高まるため、ダイエット効果を得ることができます。

カテキンが多く含まれる代表的なものはお茶です。

なので、DHAサプリメント「きなり」を摂取すると同時に、カテキンが多く含まれるお茶を、なるべく飲むように習慣付けると、ダイエットには効果的です。

野菜に含まれる食物繊維がダイエット効果をもたらす

野菜には多くの食物繊維が含まれており、食物繊維は脂肪と吸着して体外に排出する働きがあります。

また、野菜はカロリーも少なく、たくさん食べても太りにくいのが特徴です。

そおして、野菜を噛むことで満腹感得られやすくなります。

噛むことで満腹感を感じさせる満腹神経を刺激するので、満腹感を感じることで食べ過ぎを防ぐことができます。

このように、野菜は食物繊維」「低カロリー」「満腹感を得やすい」という3つのアプローチからダイエット効果を生み出します。

納豆に含まれるナットウキナーゼがダイエット効果を生む

ナットウキナーゼは血の塊である血栓を血管内に作らせない作用があります。

つまり、ナットウキナーゼを含む納豆を食べることによって血流が改善されて、血中に脂肪がたまりにくくなります。

なので、DHAサプリメント「きなり」を飲むと同時に普段の食生活からナットウキナーゼを多く含む納豆を摂取することで、ダイエット効果を得ることができます。

▼きなりの公式サイトはこちら▼
DHAサプリメント「きなり」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です